「おなべの妖精一家」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
おなべの妖精一家

丘の上にある古ぼけた洋館の前に、このあたりではみかけない母親と娘が立っていました。
 母親のほうは、黒ぶちのめがねをかけた一見インテリふうの女の人です。
 そして娘のほうは、くせのある髪の毛が、頭のあちこちでホイップクリームみたいにとんがっている女の子です。
 女の子の名前は、《はるか》といいました。
「ここが今日からわたしたちの家なの?」
 はるかは、大きな目をいそがしく動かしています。
「そうよ。ちょっと古いけど、なかは、けっこういい感じなの。それに、お安く貸してもらえたしね。」
「やだ、ママ。まさかこの家、オバケがでるんじゃないでしょうね。」
 はるかは思わずそうさけびました。─本文より。
【目次】
1、わたしたちの家
2、新しい出会い
3,ワロンのひみつ
4,ワロンのスープ
5,料理コーナーの大騒動
6,ナツメちゃん
7,おそろしい病
8,あそびにおいでよ!
9,ちょっとだけ、つづきのお話
シングルマザーで料理研究家のママと小四のはるかは、訳ありの古い洋館に越してきた。そこのキッチンに棲み着いていたのは、オバケ、ではなく、鍋にやどる妖精の一族、ワロン一家!ワロンお姉さんのココア、お母さんのスープにクッキー。鍋の妖精家族の不思議な美味しい魔法のお料理は、人間達の心をみるみる素敵に変えていく・・・。楽しくて美味しくて、ほろっと優しい物語。『ふたり』の福田隆浩氏、初の中学年童話シリーズ!