「未成年の森」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
未成年の森

「我輩は朝鮮人である」と初恋の人に告白する豚屋の息子、愚哲少年のみずみずしい思春期。
冷戦構造下の「戦後民主主義」の死角を「在日」の目をとおして検証し、戦後60年と未来を見つめようとする新しい知的営為。

ローティーンの時期を経て成長した愚哲は、やがて札幌のある高校へ進学する。彼の特技は、失敗すること。けれども朝鮮戦争のあとさきに、哲学し行動するさまざまな友人や教師から生きる知恵をまなんで民族の自覚を目指すが、脆くも挫折していく。貧しい家庭の内部に渦巻く欲望と呪詛の根源を見据え、歴史の隠蔽と文化の掠奪を告示する重層的な文体。労働する「愚哲」と「ぼく」との二人三脚は、日常生活と非現実の夢を紡ぎ、さり気ないユーモアとアイロニーの連続の中で展開されていく。地上に生きるすべての人へ、その眼差しは向かうが……。