「清らかな煉獄」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
清らかな煉獄

アーネスト・G・アルグライト――英国の霊媒師一族の末裔で、
息抜きのため時折日本を訪れる、21歳の美青年。
彼は、友人の佐貴が働く喫茶店《リーベル》に度々立ち寄るため、
店には「由緒正しい霊媒師がいる」との噂が流れていた。
十一月のある晩、店にやってきた依頼人は艶やかな黒髪の美しい女性。
彼女は「浜本理佳」と名乗り、
「この電話番号の相手が、霊媒師の助けを必要としている」と、
とまどう佐貴にメモを押しつけて立ち去る。
仕方なくその電話番号に電話を掛けた佐貴は、意外な真実を知ることになる。
浜本理佳は、一年前にすでに死んでいたというのだ……!