「へんな虫はすごい虫」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
へんな虫はすごい虫

農業・牧畜、母の愛、はては超能力まで
カバー表の3人衆は“人面カメムシ”、カバー裏のとぼけた坊やはミカドアゲハの幼虫です。ただし、坊やの“眼”に見えるのは鳥をおどすための模様です。
時に楽しい表情を見せてくれる虫たちのなかには、生いたちや暮らし、行動からみて「へんな虫」がたくさんいます。キノコを栽培したり、蜜をだす他の虫を飼育したり、自分の体を子に食べさせたり、超能力を発揮したり……。しかし、本書で取りあげる彼らのふしぎな生態こそ、数億年という歳月をかけて獲得された生き残り戦略であり、実は「すごい虫」であることのあかしなのです。彼らの生きざまに注目してください。