「ザ・グレート・フライト JALを飛んだ42年~太陽は西からも」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
ザ・グレート・フライト JALを飛んだ42年~太陽は西からも

生まれ変わっても、またパイロットになりたい。
同僚・後輩から「グレート・キャプテン」と慕われる小林宏之元機長がエピソードでつづる、42年間の空の旅へようこそ。

2010年3月、JALを退職した機長の小林氏は、同社の主な国内線、すべての国際線を飛んだ唯一のパイロットです。42年間の乗務のなかで、自身の都合でフライトスケジュールの変更をしたことは一度もなく、総理専用機をはじめ、湾岸危機の際は邦人救出機で機長を務めるなど、さまざまな特別なフライトを経験しました。
総飛行時間1万8500時間、距離にして1665万キロ(地球800周分)! B727、DC-8、B747、DC-10、B747-400に乗務した小林氏のパイロット人生は、まさに「空の昭和史」そのものです。


【著者紹介】
小林宏之(こばやし・ひろゆき)
元・日本航空機長。1946年、愛知県新城市生まれ。東京商船大学航海科中退。68年、在学中に日本航空に入社。81年、機長昇格。2006年に定年退職するが、翌11月より広報部付機長となり現場に復帰。乗務した機種はB727、DC8、B747、DC10、B747-400。総飛行時間は1万8500時間で、これは地球800周分に相当する。総理専用機、および湾岸危機、イラン・イラク戦争時の邦人、東南アジア人救出機の機長も務める。2010年3月、63歳で引退。現在は危機管理専門家、航空評論家として活動している。


【目次】
プロローグ
第一章 あこがれのハワイ航路
第二章 パイロットデビュー B727からDC-8へ
第三章 ジャンボが好きだった B747の時代
第四章 機長昇格 DC-10の時代 
第五章 機長の危機管理
第六章 変貌する地球の姿
第七章 経営破綻、そして再生への途上
第八章 生まれ変わってもパイロットになりたい