城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 1

レジェンドノベルス
ジョウシュトクモムスメノセンゴクダンジョン1
著:朽木 外記 イラスト:こちも
城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 光と闇の最終戦争のさなか。自律型根拠地設営精霊「識別番号丙三〇五六号」は、「下防御陣地を構築し、敵軍の攻撃を可能な限り阻止せよ。敵の本格的な攻撃開始予想時期は約三万五千時間後。三万時間以内に陣地を概成せよ」という命令を受ける。
 そこは、人間、エルフ、ドワーフの三族神聖連合に加盟するエルメア王国の辺境の地で、草木の影すら見えない荒廃の地だった。三〇五六号は、敵の大攻勢が迫るこの地に、わずかな時間で迷宮を作り、魔物を召喚して要撃の準備を整えなくてはならない。召喚した魔物の中から、アラクネのテラーニャを片腕とし、三〇五六号の迎撃作戦が始まろうとしていた。
 戦場を進む剣槍の列、天を覆う矢の雨、飛び散る血しぶき、そして揺れる乳。このあまりにも絶望的な状況を、三〇五六号は切り抜けることが出来るのか!?

製品情報

製品名 城主と蜘蛛娘の戦国ダンジョン 1
著者名 著:朽木 外記 イラスト:こちも
発売日 2020年03月09日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-518938-2
判型 四六
ページ数 304ページ
シリーズ レジェンドノベルス

著者紹介

著:朽木 外記(クチキ ゲキ)

兵庫県出身。思うところあって2019年から小説投稿サイト「小説家になろう」で作品の発表を始め、本作でデビュー。

イラスト:こちも(コチモ)

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス