詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ

講談社選書メチエ
シトシテノテツガクニーチェハイデッガーローティ
  • 電子あり
詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

プラトンによれば、ソクラテスは、「……とは何か」と問うた。「正義とは何か」「美とはなにか」。真理を捉えるための「知性」や「理性」を最も重要な心の働きとする西洋哲学の伝統が、ここから生まれた。
これに対して、本書は、「想像力」を優位におく思想に着目する。イギリスのロマン主義者からはじまって、アメリカのエマーソンに継承され、ニーチェ、ハイデッガー、ローティにつながる系譜である。
真理は定まっていて、「理性」や「知性」は、それをあるがままに捉える能力だとするのが、プラトン的「理性主義」だとすれば、「想像力」とは、新たな見方、捉え方を創造する力である。これをローティは、「詩としての哲学」と呼んだ。
デカルト、カントなど、理性主義の変遷をも検証しつつ、「詩としての哲学」の可能性を問う力作。

目次

  • 第1章 プラトンとの決別
  • 第2章 エマソンとニーチェ
  • 第3章 ハイデッガー の二面性
  • 第4章 プラトン的真理観は、どうして機能しないのか
  • 第5章 原型的経験論に対する二つの誤解
  • 第6章 デカルト
  • 第7章 カント
  • 第8章 詩としての哲学

製品情報

製品名 詩としての哲学 ニーチェ・ハイデッガー・ローティ
著者名 著:冨田 恭彦
発売日 2020年02月12日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-518746-3
通巻番号 722
判型 四六
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:冨田 恭彦(トミダ ヤスヒコ)

冨田恭彦(とみだ・やすひこ)
1952年生まれ。京都大学文学部哲学科卒。博士(文学)。ハーバード大学客員研究員などを経て、京都大学大学院人間・環境学研究科教授。2017年退任。現在、京都大学名誉教授。専攻は、哲学。主な著書に、『ロック哲学の隠された論理』(勁草書房)、『クワインと現代アメリカ哲学』(世界思想社)、Quine,Rorty,Locke(Olms), Locke,Berkeley,Kant(Olms), 「科学哲学者柏木達彦」シリーズ全5冊(ナカニシヤ出版)、「生島圭」シリーズ全3冊(講談社現代新書)、『ローティ 連帯と自己超克の思想』(筑摩選書)、『カント入門講義』『デカルト入門講義』(ちくま学芸文庫)など多数。

オンライン書店で見る