近いはずの人

講談社文庫
チカイハズノヒト
  • 電子あり
近いはずの人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2019年本屋大賞2位『ひと』で話題の著者が贈る、死に別れた妻の本当の姿を探す物語。

突然、交通事故で妻が死んだ。
わずかな繋がりを求め、妻の携帯電話のロックを解こうと「0000」から打ち込みはじめる俊英。
しかし、ついに解いて目にしたのは、事故当日に妻と“8”という男が交わしたメールだった。

<19時前に着けると思います。待っててね、エミリン>
<エミリンは待ってます。お茶でも飲んで待ってます>

”8”とは誰か? 妻とはどういう関係だったのだろうか。
妻の姉や友人に会い、彼女の足跡を辿るうち、怒りや哀しみとは別の感情が頭をもたげ――。

残された夫は再起できるのか。感動が胸を満たす物語。


313ページのたったひと言に、あなたはきっと涙する。

製品情報

製品名 近いはずの人
著者名 著:小野寺 史宜
発売日 2020年01月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-518105-8
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年2月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:小野寺 史宜(オノデラ フミノリ)

1968年千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞を受賞し、デビュー。’08年『ROCKER』で第3回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。著書に『ひりつく夜の音』(新潮社)『本日も教官なり』(KADOKAWA)『ライフ』『ナオタの星』『みつばの郵便屋さん』シリーズ(ポプラ社)、『その愛の程度』を一作目とする『近いはずの人』(本書)『それ自体が奇跡』の夫婦三部作、『縁』(講談社)などがある。’19年『ひと』(祥伝社)で本屋大賞2位。最新作に『まち』(祥伝社)。

オンライン書店で見る