ローマ法王の言葉 The Words of Pope Francis

ローマホウオウノコトバザワーズオブポープフランシス
  • 電子あり
ローマ法王の言葉 The Words of Pope Francis
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ヨハネ・パウロ2世の来日から38年ぶりにフランシスコ法王(教皇)が日本を訪れ、日本中が彼の言行に注目しました。フランシスコは、なんといっても13億人といわれる信者のトップです。

長崎・広島などでの「反核」「反原発」のメッセージは、日本人の心を打ちました。いじめや差別に対する警鐘も、若者の気持ちを揺さぶりました。

フランシスコはこのような社会的なテーマでなく、生き方、家族、思いやりなどの人間の根源に関わる「言葉」も数多く残しています。この本では、そのような我々を啓発する金言を集めました。

確信に満ちたその「言葉」は、人々を癒し、激励し、行くべき道を探すヒントになります。

緑と赤の装丁は、これからのクリスマス・シーズンの贈り物にもピッタリ。
ご両親、伴侶、子供たち、知人など、愛する人に「心のプレゼント」を贈りませんか。
バチカンも、公認の一冊!


心に響く説法の一部を紹介します。

「愛は 憎しみに打ち勝つ」

「『ありがとう』それは、気高い魂が咲かせる花です」

「偉くなりたい者は だれよりも小さく 皆に仕える者で なければなりません」

「自分で何でもできる とは考えずに、自分には助けと愛とゆるしが 必要であると考えることです」

「真の愛は、厳しかったり 強引に押しつける ものではありません」

「親に敬意を払わないなら、その子は自分の自尊心を 失っています。
 そして、社会は、乾いた心の貪欲な若者で いっぱいになってしまいます」

宗派・宗教を超えて、国境を越えて、われわれに生きるヒントを与える「言葉の宝箱」。
声を出して読めば、心にパワーを与えてくれるはずです。

         *             *

アーチストのさかもと未明さんが、後書きを書いています。
さかもと未明さんご自身とバチカンとのつながりが書かれており、胸を打つ内容です。


*日本政府は来日直前の11月20日に「法王」から「教皇」に呼び方を変えました。ただ、フランシスコの言葉の内容、重み、は呼称が変わっても、普遍です。

製品情報

製品名 ローマ法王の言葉 The Words of Pope Francis
著者名 編:講談社第一事業戦略部 協力:ローマ法王庁 協力:カトリック中央協議会
発売日 2019年11月03日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-517989-5
判型 四六
ページ数 194ページ

オンライン書店で見る