森家の討ち入り

講談社文庫
モリケノウチイリ
森家の討ち入り
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

津山森家の改易後、備中国西江原森家の当主となった長直に、弟・式部衆利から文が届く。
そこには、吉良邸に討ち入った赤穂四十七士に、森家に縁のある三人の浪士がいると記されていた。
彼らはかつて式部のもとで、御犬小屋の築造に従事していた――。

信念を貫き気高く生きた男女の姿が胸を打つ、新たな忠臣蔵の傑作。

製品情報

製品名 森家の討ち入り
著者名 著:諸田 玲子
発売日 2019年11月14日
価格 定価 : 本体630円(税別)
ISBN 978-4-06-517975-8
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年12月に小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:諸田 玲子(モロタ レイコ)

静岡県生まれ。上智大学文学部英文学科卒。外資系企業を経て、翻訳・作家活動に入る。1996年、『眩惑』でデビュー。2003年に『其(そ)の一日(いちにち)』で第24回吉川英治文学新人賞、2007年に『奸婦にあらず』で第26回新田次郎文学賞、2018年に『今ひとたびの、和泉式部』で第10回親鸞賞を受賞。近著に『梅もどき』『元禄お犬姫』『想い人 あくじゃれ瓢六』『尼子姫十勇士』『旅は道づれ きりきり舞い』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス