檸檬の棘

文芸(単行本)
レモンノトゲ
  • 電子あり
檸檬の棘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

孤高のミュージシャン、そして小説家。
魂の最新長編書き下ろし。
「十四歳。私は父を殺すことに決めた」

孤独と怒りを抱えた少女が、崩壊寸前の家族を捨て、
全寮制の中学校へ行くのは圧倒的なひらめきだった。
家を出て行った父と、それを受け止めた母、静かに悲しむ弟。
四人家族の輪から最初に抜けたのは、私。
それでも私は「父親」という存在にいつまでも囚われている。

許せない、苦しい、わかってほしい。
私は「特別な子ども」になりたかったーー。
「この話を書かずに、のうのうと作家人生を送れたら良かったのにーー黒木渚」

4年ぶりフルアルバム「檸檬の棘」同名小説、ついに刊行!

製品情報

製品名 檸檬の棘
著者名 著:黒木 渚
発売日 2019年11月07日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-517754-9
判型 四六
ページ数 170ページ

著者紹介

著:黒木 渚(クロキ ナギサ)

宮崎県出身。大学時代に作詞作曲を始め、ライブ活動を開始。また、文学の研究にも没頭し、大学院まで進む。2012年、「あたしの心臓あげる」でデビュー。2014年、ソロ活動を開始。2017年、『自由律』限定盤Aの付録として書き下ろされた小説「壁の鹿」を初の単行本『本性』と同時に刊行し小説家としての活動も始める。他の著書に『鉄塔おじさん』『呼吸する町』などがある。

オンライン書店で見る