スポーツのおはなし サーフィン ぼくらの波を走る!

スポーツノオハナシサーフィンボクラノナミヲハシル
  • 電子あり
スポーツのおはなし サーフィン ぼくらの波を走る!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「こわい波やいやな波もあるけど、にげないで、あわてなければ、そのうち通りすぎていくし、いい波もやってくる」
波のことを言ってるのに、ぼくにはちがうように聞こえた。いやなことがあっても、ずっとつづくわけじゃない。いつかいいこともあるって、言ってるように聞こえる。
「でも、いい波ってそんなに来ないから、今だって思ったら、そのチャンスをのがしちゃダメなんだ」
(本文より)

東京から千葉に引っ越したけれど、転校先で友だちができない海波(みなみ)。ひとり、スケボーで海へ行くと、波の上をすべるように走る子どもを見つけた。サーフィンをしていたのは、5年生の昴(すばる)。初めて会った昴から「なあ、サーフィン、やんない?」とさそわれた海波は、おじいちゃんに背中を押されて海に出ることにした――。

子どもたちに人気のスポーツをテーマにした童話シリーズ「スポーツのおはなし」。
オリンピックに採用されるスポーツについて、各一冊ずつ、豪華執筆陣が描き下ろします。
小学低学年から中学年向けの創作童話です。
2019年11月から3ヶ月連続で刊行致します。

●シリーズ「スポーツのおはなし」の特色
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。

・「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた童話作品として楽しむことができます。また、シリーズを通して読むことで、さまざまなスポーツの特徴や面白さ楽しさを学べます。
・ほぼすべての見開きに、実力ある画家によるイラストが入っていて、低学年から、ひとりで読めます。
・巻末に収録したコラムページで、各スポーツへの理解がさらに深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。

【予定されているラインナップ】
卓球(吉野万理子)/体操(小林深雪)/リレー(小手鞠るい)/空手(くすのきしげのり)/サーフィン(工藤純子)/野球(あさのあつこ)/バドミントン(落合由佳)/テニス(福田隆浩)/柔道(須藤靖貴)/スポーツクライミング(樫崎茜)

製品情報

製品名 スポーツのおはなし サーフィン ぼくらの波を走る!
著者名 作:工藤 純子 絵:小林 系
発売日 2019年12月12日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-517619-1
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:工藤 純子(クドウ ジュンコ)

東京都生まれ。2017年、『セカイの空がみえるまち』(講談社)で第3回児童ペン賞少年小説賞を受賞。おもな作品に、『あした、また学校で』『となりの火星人』(ともに講談社)、「恋する和パティシエール」シリーズ、「ピンポンはねる」シリーズ、「モーグルビート!」「モーグルビート! 再会」(以上、ポプラ社)、「ミラクル☆キッチン」シリーズ(そうえん社)などがある。また、共著に『ぐるぐるの図書室』『ぎりぎりの本屋さん』(ともに講談社)がある。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。

絵:小林 系(コバヤシ ケイ)

東京都生まれ。絵描き。装画、挿絵を担当した作品に『ギリシア神話 オリンポスの神々(新装版)』(講談社青い鳥文庫)、『空が分裂する』(講談社)、『中指の魔法』(講談社文庫)、『くらいところからやってくる』(講談社の創作絵本)、『講談社の動く図鑑 MOVE 星と星座』『講談社の動く図鑑 WONDER MOVE 古代文明のふしぎ』などがある。

オンライン書店で見る