絵本 江戸のたび

絵本
エホンエドノタビ
  • 電子あり
絵本 江戸のたび
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸の町の風景と、そこに暮らす人々のようすを、綿密な絵で紹介し、好評を得た『絵本 江戸のまち』の続編です。今回は、江戸から伊勢神宮までの江戸時代の旅のようすを紹介します。
 当時の旅のようすが正確に描かれているのはもちろん、人間の表情やしぐさがひとりひとり、情感豊かにいきいきと描かれているので、眺めているだけでも楽しく、昔の人と同じような旅をしている気分になれます。

 案内役は、昔から東京に棲みついていて町の移り変わりを見てきたという設定の「妖怪小僧」というキャラクター。
 その妖怪小僧や、他の「隠れキャラ」たちが場面のどこか隠れているという仕掛けもあり、「さがしもの」絵本としても楽しめます。

●おもな内容
原宿の富士
江戸のまち
朝の日本橋
高輪の別れ
品川宿
箱根の関所
薩た峠と駿河湾
大井川の渡し
赤坂の宿場
岡崎の大名行列
桑名の渡し
宇治橋と参道
伊勢神宮

製品情報

製品名 絵本 江戸のたび
著者名 作:太田 大輔
発売日 2019年11月20日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-517570-5
判型 B12取
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

作:太田 大輔(オオタ ダイスケ)

1953年、東京生まれ。イラストレーター、絵本作家。絵本作品に『絵本 江戸のまち』(講談社)、『カラクリ江戸あんない』(福音館書店)、『ぼくのいまいるところ』(かこさとし著、童心社)、児童文学作品に『江戸の象吉』(講談社)などの作品がある。

おすすめの本

オンライン書店で見る