スポーツのおはなし リレー 空に向かって走れ!

スポーツノオハナシリレーソラニムカッテハシレ
  • 電子あり
スポーツのおはなし リレー 空に向かって走れ!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

愛理──
みなみ、雄大、晴樹、あたしにまかせて。
「よーい」
先生の声が響いた。
次の瞬間、「すべて」が弾けた。
大地をけって、あたしは飛び出した。

雄大──
ハルが、ぐんぐん近づいてくる。
いや、ぼくが近づいていくんだ。
そんなこと、どっちでもいい。
ハル、落とすなよ、このバトン。

晴樹──
彼女の姿はまだ、目に入ってこない。
ボクが見ているのは、空や。
空と大地だけや。
地面をけって、空へ向かって走りながら、ボクは思い出している。
空から降ってくるような、みなみのことばを。

みなみ──
最後の3メートルのところで、わたしはトップの男子の真横に並んだ。
あとはダッシュで駆けこむだけだ。
腕を動かす。激しく、シャープに、空気を切るように。
ふっと、糸が切れたかのように、隣を走っていた男の子が視界から消えた。
(本文より)

運動会400Mリレーの予備選チームが決まった!俊足のみなみ、本の虫雄大、ピアノ少女愛理に、走るのが怖い晴樹、4人の運命は?!

子どもたちに人気のスポーツをテーマにした童話シリーズ「スポーツのおはなし」。
オリンピックに採用されているスポーツについて、各一冊づつ、豪華執筆陣が描き下ろします。
小学低学年から中学年向けの創作童話です。
2019年11月から3ヶ月連続で刊行致します。

●シリーズ「スポーツのおはなし」の特色
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。

・「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた童話作品として楽しむことができます。また、シリーズを通して読むことで、さまざまなスポーツの特徴や面白さ楽しさを学べます。
・ほぼすべての見開きに、実力ある画家によるイラストが入っていて、低学年から、ひとりで読めます。
・巻末に収録したコラムページで、各スポーツへの理解がさらに深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読にもぴったりのボリュームです。
ラインアップ予定

製品情報

製品名 スポーツのおはなし リレー 空に向かって走れ!
著者名 作:小手鞠 るい 絵:大庭 賢哉
発売日 2019年11月21日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-517569-9
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:小手鞠 るい(コデマリ ルイ)

小手鞠るい/小説家、詩人、児童文学作家。
岡山県生れ。同志社大学法学部卒業。1981年「詩とメルヘン」賞、1993年「海燕」新人文学賞、2005年『欲しいのは、あなただけ』で島清恋愛文学賞、2009年絵本『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(絵/北見葉胡)でボローニャ国際児童図書賞を受賞。2012年『心の森』が第五十八回全国青少年読書感想文コンクール小学校高学年課題図書に、『きょうから飛べるよ』(岩崎書店)が平成27年長野県課題図書に、『やくそくだよ、ミュウ』(岩崎書店)が第48回岩手県課題図書に『きつね音楽室のゆうれい』が二八年度埼玉県課題図書に選ばれる。『ある晴れた夏の朝』(偕成社)で第68回小学館児童出版文化賞を受賞。その他『ねこの町のリリアのパン』『うさぎのマリーのフルーツパーラー』『お菓子の本の旅』『美しい心臓』『アップルソング』『優しいライオン やなせたかし先生からの贈り物』『炎の来歴』など著書多数。

絵:大庭 賢哉(オオバ ケンヤ)

1970年生まれ。イラストレーター、児童書のさし絵、漫画、装画などで活躍。主な作品に『トマとエマのとどけもの~みちをたどるおはなし~』『トマとエマのめいろのくに』(ほるぷ出版)、『トモネン』(宙出版)、『郵便配達と夜の国』『屋根裏の私の小さな部屋』(青土社)等。挿画に「シノダ!」シリーズ(偕成社)、『ティーン・パワーをよろしく』(講談社)、『魚屋しめ一物語』(くもん出版)等。

オンライン書店で見る