フェロモン探偵 母になる

講談社X文庫ホワイトハート
フェロモンタンテイハハニナル
  • 電子あり
フェロモン探偵 母になる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

兄・拓也の隠し子騒動で、家出以来、初めて実家へ帰省した探偵の映。これも魔性のフェロモンのなせる業か、置いていかれた赤ん坊は映にしか懐かず、六年ぶりに帰った実家で、なぜか育児生活を送るはめに! 助手兼恋人の雪也は、新婚夫婦のようなシチュエーションに盛り上がり、倒錯的なプレイで夜ごと映を啼かせてくる。一方、赤ん坊の母親を思い出せない拓也は、映に調査を依頼するが……?

製品情報

製品名 フェロモン探偵 母になる
著者名 著:丸木 文華 絵:相葉 キョウコ
発売日 2019年10月05日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-517444-9
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社X文庫

著者紹介

著:丸木 文華(マルキ ブンゲ)

埼玉県出身。BL、乙女小説、ゲームシナリオを中心にジャンルを跨いで幅広く活動中。近刊は、『双囚 ふたりの姫は愛獄に堕とされる』 (KADOKAWAジュエル文庫) など。

オンライン書店で見る