大きな鳥にさらわれないよう

講談社文庫
オオキナトリニサラワレナイヨウ
大きな鳥にさらわれないよう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

遠い未来、衰退の危機を認めた人類は、「母」のもと、それぞれの集団どうしを隔離する生活を選ぶ。異なる集団の人間が交雑することにより、新しい遺伝子を持ち、進化する可能性がある人間の誕生に賭けー。かすかな希望を信じる人間の行く末を、さまざまな語りであらわす「新しい神話」。泉鏡花文学賞受賞作
はるか先を静かに見通し、慈しみ深く描いた未来の人類史

製品情報

製品名 大きな鳥にさらわれないよう
著者名 著:川上 弘美
発売日 2019年10月16日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-517446-3
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年4月、小社より刊行された単行本を文庫化したものです。

著者紹介

著:川上 弘美(カワカミ ヒロミ)

川上 弘美(かわかみ・ひろみ)
1958年生まれ。96年「蛇を踏む」で芥川賞、99年『神様』でドゥマゴ文学賞と紫式部文学賞、2000年『溺レる』で伊藤整文学賞と女流文学賞、01年『センセイの鞄』で谷崎潤一郎賞、07年『真鶴』で芸術選奨、15年『水声』で読売文学賞を受賞。ほかの作品に『風花』『どこから行っても遠い町』『神様2011』『七夜物語』『なめらかで熱くて甘苦しくて』『ぼくの死体をよろしくたのむ』『森へ行きましょう』などがある。2016年本作で第44回泉鏡花文学賞を受賞した。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス