QED 憂曇華の時

講談社ノベルス
キューイーディーウドンゲノトキ
  • 電子あり
  • イベント
QED 憂曇華の時
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

安曇野・穂高で地元神楽衆の舞い手が刺殺される。遺体の耳は削がれ、「S」の血文字が残されていた。数日後、二人目の被害者が。死の間際、彼女は「黒鬼」と言い残した。鵜飼見物に石和を訪れていた桑原崇と棚旗奈々は、フリー・ジャーナリスト、小松崎に呼び出され、事件現場へ向かう。筑前博多近郊の古代海人・安曇族が移り住んだという地で起きた哀しい事件の因果を桑原崇が解き明かす。QED長編。

製品情報

製品名 QED 憂曇華の時
著者名 著:高田 崇史
発売日 2019年11月08日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-517442-5
判型 新書
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社ノベルス

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

昭和33年東京生まれ。明治薬科大学卒。『QED 百人一首の呪』(講談社ノベルス)で第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。近著に『源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義』など。

オンライン書店で見る