怪談飯屋古狸

文芸(単行本)
カイダンメシヤフルダヌキ
怪談飯屋古狸
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幽霊話をすれば無代(ただ)になる妖しい飯屋。
怖くて、可笑しくて、美味しい!?
「古道具屋 皆塵堂(かいじんどう)」の著者、待望の新シリーズ!

奉公先を追い出され、日傭取りの仕事で糊口をしのぐ虎太は、
看板娘のお悌に惹かれ飯屋「古狸」へ。
そこは怪談を聞かせると無代になるという不思議な店。
怖い話は苦手なのに、お悌と無代飯に釣られて古狸に入り浸る虎太は、
死神が棲むという家に行く羽目に。
「不運な男」虎太はそこで何を見た? そして古狸の謎とは?

製品情報

製品名 怪談飯屋古狸
著者名 著:輪渡 颯介
発売日 2019年10月17日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-517330-5
判型 四六
ページ数 242ページ

著者紹介

著:輪渡 颯介(ワタリ ソウスケ)

輪渡颯介(わたり・そうすけ)
1972年、東京都生まれ。明治大学卒業。
『掘割で笑う女 浪人左門あやかし指南』で第38回メフィスト賞を受賞し、デビュー。
怪談と絡めた時代ミステリーを独特のユーモアを交えて描く。
好評の「古道具屋 皆塵堂」シリーズに続いて、
『別れの霊祠』で完結した「溝猫長屋 祠之怪」シリーズも人気に。
他の著書に『ばけたま長屋』がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス