あした、また学校で

アシタマタガッコウデ
  • 電子あり
あした、また学校で
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

月曜の朝、小六の一将(かずまさ)に声をかけたのは、幼なじみの咲良(さくら)でした。「一将の弟、荻野先生に怒られて泣いてたよ」。運動が苦手な弟の将人(まさと)は、「できない子は朝練に来て」と先生に言われたのに練習に行かず、しかられたのです。でも、将人にとって、数ある運動のなかで、大縄飛びは「できる」に入ります。将人は怒られなくてはならなかったのか、そもそも大会に勝つことが、そんなに大事なのだろうか……。一将のもやもやを咲良が大問題に発展させていくうちに、一将も咲良も、そして代表委員会メンバーの五年生も六年生も、ひとつのクエッションに突き当たることになりました。「学校は、だれのものか?」。小学校高学年の彼らは、この答えにたどり着くことができるのでしょうか。【対象:小学上級以上】
イラスト:稲葉朋子

目次

  • 1.事件
  • 2.代表委員会
  • 3.すきやき
  • 4.職員室
  • 5.PTA運営委員会
  • 6.卒・家族
  • 7.優等生のあたし
  • 8.学校支援地域本部
  • 9.教師という仕事
  • 10.学校は、だれのものか

製品情報

製品名 あした、また学校で
著者名 著:工藤 純子
発売日 2019年10月31日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-517238-4
判型 四六
ページ数 194ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:工藤 純子(クドウ ジュンコ)

東京都生まれ。2017年、『セカイの空がみえるまち』(講談社)で第3回児童ペン賞少年小説賞を受賞。おもな作品に、『となりの火星人』(講談社)、「恋する和パティシエール」シリーズ、「ピンポンはねる」シリーズ、「モーグルビート!」「モーグルビート! 再会」(以上、ポプラ社)、「ミラクル☆キッチン」シリーズ(そうえん社)などがある。また、共著に『ぐるぐるの図書室』『ぎりぎりの本屋さん』(ともに講談社)がある。日本児童文学者協会会員。全国児童文学同人誌連絡会「季節風」同人。

オンライン書店で見る