炎罪

講談社文庫
エンザイ
  • 電子あり
炎罪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『時限』に続く、「片岡真子」シリーズ第2弾!
京都府警の「お嬢」・片岡真子が、冷血な放火犯に挑む!

京都にある全焼した自宅兼クリニックから、精神科医の焼死体が発見された。
自殺か他殺か。姿を消した妻の行方は。
捜査が難航する中、京都府警の女性刑事・片岡真子は、精神科医の遺品から、教え子の女性の事故死を知る。
彼女の遺した「想い」に気づいた真子は、裏で糸を引く、人の心を持たぬ男に立ち向かうが。

女性刑事の閃きが光る、本格警察ミステリー! 

製品情報

製品名 炎罪
著者名 著:鏑木 蓮
発売日 2019年10月16日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-517437-1
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2016年5月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:鏑木 蓮(カブラギ レン)

鏑木 蓮(かぶらぎ・れん)
1961年、京都市生まれ。
2006年、「東京ダモイ」で第52回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。
社会派ミステリー『白砂』(双葉社)が大ヒットした。
他の作品に、「片岡真子シリーズ」第一作である『時限』や、『屈折光』『救命拒否』『真友』『甘い罠』『疑薬』(講談社)、『思い出探偵』(PHP研究所)、『喪失』(KADOKAWA)、『残心』(徳間書店)、『黒い鶴』『見えない轍』(潮出版社)などがある。


関連シリーズ

オンライン書店で見る