がん消滅

講談社+α新書
ガンショウメツ
  • 電子あり
がん消滅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「がん」はもう怖くない時代に――。

超高速で進化するゲノム医療と免疫療法の最前線から、これまで治療できなかったがんを克服する具体的スキームをわかりやすく紹介する。「患者目線のAI医療」の可能性も例示。

すべての患者の笑顔を取り戻す「医学革命」のバイブルとなる書。

(目次)
ネオアンチゲン療法による症例画像
プロローグ――「遺伝」と「遺伝子」はどう違う?
第一章「プレシジョン医療」時代の幕開け
・進化したオーダーメイド医療
・21世紀に入り、時間は50万分の一、コストは100万分の一に
・酒とタバコに遺伝的な要因が加わると?
・肺がんリスクを高める遺伝子
・遺伝子異常の数は、がんによってどう違う?
・国(エリアや民族)による遺伝子異常の違い
第二章 ゲノム解析が進んだ恩恵
・血液型も耳垢のタイプも遺伝子で決まっている
・原因不明の副作用も「謎」ではない時代に
・社会で活用されている「遺伝子診断」
  容疑者の特定/遺体の身元確認/出生前診断
・効かないホルモン治療薬を飲んでいる?
・厚労省の残念な体質
・糖尿病予防にも「遺伝子」を利用する時代に
第三章「リキッドバイオプシー」の可能性
・たったこれだけの血液でがんがわかる
・身体にかかる負担が圧倒的に少ない
・手術可能な段階での早期がんの発見
・再発の診断も超早期に、薬剤を選ぶ目安にも
第四章 免疫療法の新たな時代へ
・「エビデンスがない」を鵜呑みにするな
・「ネオアンチゲン療法」とは
・「副作用」にまつわる誤解
・がん治療の進歩を阻むもの
・がん組織にがんを殺すリンパ球が
第五章 私とがんとの闘い
・骨折と『白い巨塔』
・外科医から「遺伝子」の基礎研究者へ
・FBIからのスカウト
・母の死
・可能性に賭ける医療を
エピローグ AI医療の可能性
・「AIホスピタル」時代の到来
・画像診断・病理診断のサポート
・一刻を争う病気のモニタリングシステム
・「AIホスピタル」で実現する人に優しい医療

目次

  • ネオアンチゲン療法による症例画像
  • プロローグ――「遺伝」と「遺伝子」はどう違う?
  • 第一章「プレシジョン医療」時代の幕開け
  • ・進化したオーダーメイド医療
  • ・21世紀に入り、時間は50万分の一、コストは100万分の一に
  • ・酒とタバコに遺伝的な要因が加わると?
  • ・肺がんリスクを高める遺伝子
  • ・遺伝子異常の数は、がんによってどう違う?
  • ・国(エリアや民族)による遺伝子異常の違い
  • 第二章 ゲノム解析が進んだ恩恵
  • ・血液型も耳垢のタイプも遺伝子で決まっている
  • ・原因不明の副作用も「謎」ではない時代に
  • ・社会で活用されている「遺伝子診断」
  •   容疑者の特定/遺体の身元確認/出生前診断
  • ・効かないホルモン治療薬を飲んでいる?
  • ・厚労省の残念な体質
  • ・糖尿病予防にも「遺伝子」を利用する時代に
  • 第三章「リキッドバイオプシー」の可能性
  • ・たったこれだけの血液でがんがわかる
  • ・身体にかかる負担が圧倒的に少ない
  • ・手術可能な段階での早期がんの発見
  • ・再発の診断も超早期に、薬剤を選ぶ目安にも
  • 第四章 免疫療法の新たな時代へ
  • ・「エビデンスがない」を鵜呑みにするな
  • ・「ネオアンチゲン療法」とは
  • ・「副作用」にまつわる誤解
  • ・がん治療の進歩を阻むもの
  • ・がん組織にがんを殺すリンパ球が
  • 第五章 私とがんとの闘い
  • ・骨折と『白い巨塔』
  • ・外科医から「遺伝子」の基礎研究者へ
  • ・FBIからのスカウト
  • ・母の死
  • ・可能性に賭ける医療を
  • エピローグ AI医療の可能性
  • ・「AIホスピタル」時代の到来
  • ・画像診断・病理診断のサポート
  • ・一刻を争う病気のモニタリングシステム
  • ・「AIホスピタル」で実現する人に優しい医療

製品情報

製品名 がん消滅
著者名 著:中村 祐輔
発売日 2019年09月21日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-517057-1
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社+α新書

著者紹介

著:中村 祐輔(ナカムラ ユウスケ)

医学博士。東京大学名誉教授。シカゴ大学名誉教授。1952年、大阪府に生まれる。77年、大阪大学医学部卒。同年、大阪大学医学部付属病院(第2外科)に。81年、大阪大学医学部附属分子遺伝学教室研究生。84年、米国ユタ大学ハワード・ヒューズ医学研究所研究員、87年、米国ユタ大学人類遺伝学教室助教授。89年、(財)癌研究会癌研究所生化学部部長。91年に大腸癌抑制遺伝子APCを発見する。94年、東京大学医科学研究所分子病態研究施設教授。95年、東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター長。2005年、理化学研究所ゲノム医科学研究センター長を併任。11年、内閣官房参与・内閣官房医療イノベーション推進室長を併任。12年、シカゴ大学医学部教授。2016年より、がん研究会がんプレシジョン医療研究センターに参画、現在はシカゴより帰国し、所長を務める。18年、内閣府戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)プログラムディレクターに就任した。

関連シリーズ

オンライン書店で見る