繁あね 美しい女たちの物語

講談社文庫
シゲアネウツクシイオンナタチノモノガタリ
繁あね 美しい女たちの物語
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

繁あねは女のエッセンスである。――山口瞳(作家)

艶やかに、ときに凜とし、ときに意地悪く――。作家が見つめた女という生き方とは。
木場の畔に暮らす作家の私。釣竿をおろす私に突然声をかけてきたのは、繁あねだった。
年は十二、三、妹と二人両親に捨てられ、肌にはひどい腫れ物があり、その生い立ちのため人に対して好戦的であることから、町でもその娘を引き取る者はいなかった。
少女から女に変わる途上の繁あねとの会話を通し浮かび上がる、その生の在り方や人間の美しさ。
表題作「繁あね」のほか、「この女とは一緒にいてはいけない……」そう思い別れた女・おさんへの複雑な思いから、その消息をたずねる男。
おさんは、移り住んだ家に次々に男を引き込んでいると聞くが……。
女の生を通し、人の心、男女の想いのありようを艶やかに描き出した名作「おさん」など。
女性の美しさ、その生の在り方を艶やかに描く名作七篇。

目次

  • 1:おさん
  • 2:三十二刻
  • 3:柘榴
  • 4:つばくろ
  • 5:あだこ
  • 6:蜜柑の木
  • 7:繁あね

製品情報

製品名 繁あね 美しい女たちの物語
著者名 著:山本 周五郎
発売日 2019年10月16日
価格 定価 : 本体640円(税別)
ISBN 978-4-06-517013-7
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「おさん」…「オール讀物」(文藝春秋)1961年2月号、「三十二刻」…「国の華」(中央歌道会)1940年9月号~10月号、「柘榴」…「サン写真新聞」(サン写真新聞社)1948年4月、「つばくろ」…「講談倶楽部秋の大増刊」(大日本雄弁会講談社)1950年9月号、「あだこ」…「小説倶楽部」(桃園書房)1958年2月号、「蜜柑の木」(「青べか物語 二章」)/「繁あね」(「青べか物語 七章」)…「文藝春秋」(文藝春秋)1960年1月号~12月号。

著者紹介

著:山本 周五郎(ヤマモト シュウゴロウ)

1903年、山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビュー。その後、不遇の時代が続くが、時代小説作家として認められはじめる。戦中から戦後まで連載が続けられた『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されるが辞退。主な代表作に『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『青べか物語』(1960)、『おさん』(1961)などがある。1967年、逝去。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス