昭和・平成精神史 「終わらない戦後」と「幸せな日本人」

講談社選書メチエ
ショウワヘイセイセイシンシオワラナイセンゴトシアワセナニホンジン
  • 電子あり
昭和・平成精神史 「終わらない戦後」と「幸せな日本人」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 敗戦から70年以上が過ぎ、元号も2度あらたまって、いよいよ昭和も遠くなりつつある。「もはや「戦後」ではない」という宣言から数えてもすでに60年以上が経った。しかし、私たちが生きているのは、今なお「戦後」なのではないだろうか。毎年、戦後何年になるかを数え、ことあらば「戦後初」をうたう。私たちが生きている時間は、つねに「戦後」を起点とし、「戦後」に規定されている。これはいったいなにを意味しているのだろうか。令和の時代を迎えても加速する一方の「息苦しさ」、「生きづらさ」は、実はこの「終わりなき戦後」の終わらなさにこそ原因があるのではないか――。
 本書は、「戦後」という幸福な悪夢の外側に、どうにかして越え出るために、昭和・平成を貫く時代精神の真の姿を映し出す試みである。
 太宰治の絶望、ゴジラに仮託された不安、力道山が体現した矛盾、さらにオウム真理教という破綻と癒えることのない東日本大震災の傷。戦後日本社会の精神史は、東京オリンピックや大阪万博、インターネットの普及など華やかな出来事や物質的豊かさの影で、それを支えるためにそこから排除されてきた人々の嘆きと悲しみの声に満ちている。その声に耳を傾け、「息苦しさ」と「生きづらさ」の根源から目を逸らさず、その姿を受けとめること。「戦後」を終わらせるため、声高になることなく、著者は静かに繰り返し私たちに語りかける。
 うわべだけの「幸せな日本人」を脱ぎ捨て、敗戦から日本社会が抱えこんできた絶望を直視したときにはじめて、希望もまた輝きはじめる。「終わりなき戦後」から、かけがえのない一歩を踏み出すのための、時代に捧げる鎮魂歌。

目次

  • はじめに――人生は泳ぐのに、安全でも適切でもありません
  • 第1章 「戦後」というパンドラの匣――太宰治からの問い
  • 第2章 失われた言葉――東日本大震災と「否認」の共同体
  • 第3章 謎めいた他者――ゴジラと力道山、回帰する亡霊たち
  • 第4章 真理の王――オウム真理教と反復される天皇制
  • 第5章 民主主義の死――シラケ世代と主体性論争、そして戦争のトラウマ
  • 第6章 戦後の「超克」――沢田研二、その空虚な主体の可能性
  • おわりに――戦後社会という世界の外で
  • 参考文献

製品情報

製品名 昭和・平成精神史 「終わらない戦後」と「幸せな日本人」
著者名 著:磯前 順一
発売日 2019年08月10日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-516948-3
通巻番号 708
判型 四六
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:磯前 順一(イソマエ ジュンイチ)

1961年、茨城県生まれ。東京大学 大学院人文科学研究科博士課程中退。博士(文学)。現在は国際日本文化研究センター教授。専門は宗教学、批判理論。
主な著書に『近代日本の宗教言説とその系譜』(岩波書店)、『喪失とノスタルジア』(みすず書房)、『記紀神話と考古学』(角川学芸出版)、『宗教概念あるいは宗教学の死』(東京大学出版会)、『どこにもいないあなたへ』(秋山書店)、『閾の思考』(法政大学出版局)、『ザ・タイガース』(集英社)、『死者のざわめき』(河出書房新社)など。

オンライン書店で見る