電気じかけのクジラは歌う

文芸(単行本)
デンキジカケノクジラハウタウ
  • 電子あり
電気じかけのクジラは歌う
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

クジラ=AIと対峙せよ――
さもなくばヒトの創作は、終わる。

AIの下請けとなった元作曲家に
自殺した天才作曲家が残した謎は未完の新曲と“指”だった。

『虹を待つ彼女』で横溝正史ミステリ大賞を受賞し、
ますます活躍の場を広げる逸木 裕による心揺さぶる音楽ミステリー!

☆☆☆

ヒトはもう、創作らなくていい――

人工知能が個人にあわせて作曲をするアプリ「Jing」が普及し、作曲家は絶滅した。
「Jing」専属検査員である元作曲家・岡部の元に、
残り少ない現役作曲家で親友の名塚が自殺したと知らせが入る。
そして、名塚から自らの指をかたどった謎のオブジェと未完の新曲が送られてきたのだ。
名塚を慕うピアニスト・梨紗とともにその意図を追ううち、岡部はAI社会の巨大な謎に肉薄していく――。

私達はなぜ創作するのか。この衝動はどこから来るのか。
横溝正史ミステリ大賞受賞作家による衝撃の近未来ミステリー!

製品情報

製品名 電気じかけのクジラは歌う
著者名 著:逸木 裕
発売日 2019年08月08日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-516818-9
判型 四六
ページ数 402ページ

著者紹介

著:逸木 裕(イツキ ユウ)

1980年東京都生まれ。学習院大学法学部法学科卒。フリーランスのウェブエンジニア業の傍ら、小説を執筆。2016年、『虹を待つ彼女』で第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。他の著書に『少女は夜を綴らない』『星空の16進数』がある。

オンライン書店で見る