三匹の子豚

文芸(単行本)
サンビキノコブタ
  • 電子あり
三匹の子豚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『三匹の子豚』が朝ドラで大ヒットした斉川亜樹。鳴かず飛ばずの時代からようやく抜け出し、忙しくも穏やかな生活を送っていた。そんなある日、彼女のもとに武蔵野市役所から一通の封書が届く。その内容は、会った覚えもない、叔母の赤松三代子なる人物の扶養が可能かどうかという照会だった。亜樹はパニックに陥る。見ず知らずの叔母の面倒を本当にみる義務があるのか――と。混乱しつつも役所からの問い合わせは放置していると、急に固定電話が鳴る。電話を取ると、相手は開口一番、赤松三代子のことで話があるという。問い合わせの回答をしていなかったので、役所からの電話かと思いきや、『NPO法人 ありがとうの里』の菊村藍子という人物からだったとわかる。彼女は、会って三代子の話がしたいと言う。仕方なく会う約束をした亜樹だったのだが――。

真梨ワールド炸裂! 衝撃の結末にページをめくる手が止められない!

製品情報

製品名 三匹の子豚
著者名 著:真梨 幸子
発売日 2019年08月29日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-516817-2
判型 四六
ページ数 330ページ
初出 本書は「小説現代」2018年4月号、7月号、9月号に連載したものを大幅に加筆・修正したものです。

著者紹介

著:真梨 幸子(マリ ユキコ)

1964年宮崎県生まれ。1987年多摩芸術学園映画科卒業。2005年『孤中症』で第32回メフィスト賞を受賞し、デビュー。2011年に文庫化された『殺人鬼フジコの衝動』がベストセラーとなり、”イヤミス”の急先鋒として話題に。2015年『人生相談。』が山本周五郎賞の候補となる。そのほかの著書に、『5人のジュンコ』『私が失敗した理由は』『カウントダウン』『ツキマトウ』など多数。

オンライン書店で見る