我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの

ブルーバックス
ワレワレハセイメイヲツクレルノカゴウセイセイブツガクガウミダシツツアルモノ
  • 電子あり
我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

生命とは何か? それはどこで、どのようにして生まれたのか?
この「究極の謎」に、人類はいまだに答えられていない。

だが近年、「生命の起源」をさがす研究は大きな動きをみせている。
たとえば、生命誕生の地は従来、「海」が最有力とされてきたが、
最近では「陸」が、さらには「宇宙」が支持を集めつつあり、
「宇宙生物学」といわれる分野で活発な研究が進められている。

その一方では、「生命の起源がわからないなら、つくってしまおう」
という考え方が現れた。時計の仕組みを知るためにまず時計をつくってみて、
そこから仕組みを考えるように、まず「生命の起源」をつくろうという発想だ。
これが、現在の生命科学で最も注目されている「合成生物学」である。
その発展は目ざましく、「5年以内」に人工生命の実現をめざす研究者もいる。

そのとき我々は、その「生命」を「生命」と認めることができるのだろうか?
研究室で「生」と「死」の試作を続ける最先端の科学者たちは、
「生命」をどのように考えているのだろうか?
科学だけでは割り切れない「究極の謎」に、気鋭の作家が挑む渾身作!

(本書の主な内容)
●「がらくた生命」は存在するのか?
●キッチンでつくれる「人工細胞のレシピ」
●光合成をして「成長」する人工細胞の登場 
●フランケンシュタインの大腸菌
●人工細胞・人工生命の「慰霊碑」
●生命に刻まれた宇宙の非対称性 ほか

目次

  • 本書の起源
  • 第一章「起源」の不思議
  • 第二章「生命の起源」を探す 
  • 第三章「生命の起源」をつくる
  • 第四章「生命の終わり」をつくる
  • 第五章「第二の生命」をつくる
  • 本書の未来

製品情報

製品名 我々は生命を創れるのか 合成生物学が生みだしつつあるもの
著者名 著:藤崎 慎吾
発売日 2019年08月22日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-516778-6
通巻番号 2103
判型 新書
ページ数 320ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:藤崎 慎吾(フジサキ シンゴ)

ふじさき・しんご 1962年、東京都生まれ。米メリーランド大学海洋・河口部環境科学専攻修士課程修了。科学雑誌『ニュートン』編集室に約10年間在籍。英科学誌『ニューサイエンティスト』に寄稿していたこともある。1999年に『クリスタルサイレンス』(朝日ソノラマ)で作家デビュー。早川書房「ベストSF1999」国内篇1位となる。現在はフリーランス。ノンフィクション作品には生命の起源に関連した『辺境生物探訪記』(共著・光文社新書)のほか『深海のパイロット』(同前)、『日本列島は沈没するか?』(共著・早川書房)がある。小説には『ハイドゥナン』(早川書房)、『鯨の王』(文藝春秋)など多数。

オンライン書店で見る