アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ 代表作から知られざる初期作品、習作まで

アールヌーヴォーノハナアルフォンスミュシャダイヒョウサクカラシラレザルショキサクヒンシュウサクマデ
アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ 代表作から知られざる初期作品、習作まで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 アール・ヌーヴォーを代表する画家、ミュシャは日本人好みの作風でいまも高い人気があります。
本書は、没後80周年を機に、世界有数のコレクションを誇る堺 アルフォンス・ミュシャ館の秘蔵の作品を中心とした作品集です。
 ミュシャ作品集はいままでにも多数ありますが、
○堺 アルフォンス・ミュシャ館のみが所蔵する油彩大作「ハーモニー」を掲載
○ポスターから油彩まで、ミュシャの代表作を網羅
○テーマ別にミュシャを解説。ミュシャの理解が深まります
○他の作品集では見ることのできない、ミュシャの初期作品や習作、下絵などを掲載
○完成作品と習作を見比べることができる
○ミュシャ作品約750点を掲載
○初期の傑作童話《白い象の伝説》の挿絵を抄訳とともに紹介
 など、ミュシャファンなら手元に置いておきたい作品集です

©堺市文化財団

目次

  • はじめに
  • Chapter1 困難を乗り越えて 画業初期のミュシャ作品 
  • Chapter2 サラ・ベルナールとの出会い ポスター黄金期のパリでの活躍
  • Chapter3 アール・ヌーヴォーの華 ミュシャのヴィーナス
  • Chapter4 デザイナーから芸術家へ チェコへのまなざし
  • Chapter5 祖国チェコでの活躍 スラヴへの想い
  • アルフォンス・ミュシャの知られざる姿
  • 堺 アルフォンス・ミュシャ館所蔵作品カタログ

製品情報

製品名 アール・ヌーヴォーの華 アルフォンス・ミュシャ 代表作から知られざる初期作品、習作まで
著者名 絵:アルフォンス・ミュシャ 著・編:堺 アルフォンス・ミュシャ館(公益財団法人堺市文化振興財団)
発売日 2020年01月27日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-516890-5
判型 A4変型
ページ数 152ページ

著者紹介

絵:アルフォンス・ミュシャ(アルフォンス・ミュシャ)

Alfons Maria Mucha 1860-1939。アール・ヌーヴォーを代表するチェコの画家

著・編:堺 アルフォンス・ミュシャ館(公益財団法人堺市文化振興財団)(サカイ アルフォンス・ミュシャカン(コウエキザイダンホウジンサカイシブンカシンコウザイダン))

堺市が個人収集家から寄贈された500点にのぼる作品を基に発足。ミュシャの祖国(現チェコ共和国)でも観られない大作やスケッチ、造形作品なども所蔵し、フランスとチェコで活躍したミュシャの、初期から晩年までのあらゆる制作活動を知ることができる、世界有数のコレクションを誇る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス