60代からは自由に楽しもう おしゃれ日々更新

60ダイカラハジユウニタノシモウオシャレヒビコウシン
  • 電子あり
60代からは自由に楽しもう おしゃれ日々更新
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 「おしゃれをすることを捨ててはいないけれど、それに縛られてはいない」「がんばっておしゃれしていると思われたくない」、そんな大人の女性のためのスタイリングブック。
 1970年代から数々の女優のスタイリングを手掛け、今なお第一線で活躍しているスタイリスト、梅原ひさ江さんが、大人の女性を輝かせるためのメソッドを伝授します。
 「若々しく」ではなく、「今の自分」の魅力を引き出し、欠点をうまく隠すためのスタイリングとは? 体に負担をかけず、自然体で着こなすカジュアル、スポーティー、エレガント……、様々なシーンに対応するトップスタイリストのテクニックを大公開。

目次

  • 第1章 おとなの女性の「お悩み解決」テクニック
  • 贅肉はコットンシャツでカバー/ウエストマークが体型の悩みを救う/カーディガンは羽織る、が正解/禁断のチュニックはデザイン&スタイリング次第/年齢が現れやすい首にはスカーフ、巻物を/トップスは半袖NG。ボトムも中途半端な丈はNGです/デニムのトップスにはビビッドカラーを/ジャケットでボディラインを矯正する/ボウタイブラウスは最強/見られたくないパーツはアクセサリーで隠す 1イヤリング・ピアス 2ネックレス 3リング/眼元を隠す眼鏡、サングラスの選び方/バイカラーのパンプスは万能/大人のスニーカー、スリッポン/サブバッグでトレンド感をプラス/トレンドはボトムスで取り入れる/美脚に見せてくれるタイツ&ストッキング/重宝するアイテム、ケープ/必要なのは光沢感。ツヤ感とキラキラ感/大人の差し色、迷ったら「白」
  • 第2章 「おしゃれ」の心構え
  • 「若さ」より「自分らしさ」を重視する/自分のポジションに甘えない/70代、80代・・・・・・これからの私/自分を美しく見せる色を知る/体型をカバーする素材について知っておく/トップスに定番のアイテムを持つ/自分の「アイコン」となるアイテムを見つける/その日の装いのテーマを決める/気に入ったコーディネートは記録しておく/実はスタイルよく見える! 「ワンサイズ上」の服/クローゼットを整える
  • 第3章 「おしゃれ更新」のために私がしていること
  • 健やかでいるために。「自分チェック」を怠らない/新鮮さを保つためにシルエットと素材に敏感でいる/ハイブランドとプチプラブランドを、上手に使いこなして/自分にとって心地よい着方を覚えておく/“初めて”のアイテム、かわいい色に挑戦する/過去シーズンのアイテムを熟成させる/お気に入りの服はリサイズして着る/足や腰に負担をかけないおしゃれ靴/賢い「クリーニング店の使い方」をご存じですか/ネイルはおしゃれに欠かせない。季節の先取りもネイルから/肌を瑞々しく保つためにしていること/私のヘアスタイル考/おしゃれ日々更新

製品情報

製品名 60代からは自由に楽しもう おしゃれ日々更新
著者名 著:梅原 ひさ江
発売日 2019年10月18日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-517430-2
判型 四六
ページ数 144ページ

著者紹介

著:梅原 ひさ江(ウメハラ ヒサエ)

スタイリスト/ファッションディレクター。オフィス梅原主宰。1949年東京生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。舞台美術を学ぶ。スタイリスト・アシスタントを経て1972年独立。『夜のヒットスタジオ』(CX系)で芳村真理の衣装を12年間担当。これまで、かたせ梨乃、大地真央、水野真紀のスタイリングをはじめ、『家庭画報』(世界文化社)にて大人の女優のスタイリング、株式会社日建設計でのビジネスファッションに関するアドバイスを手掛ける他、CM、テレビ、舞台、雑誌など幅広く活躍中。著書に『スタイリストの鉄則 この人が語るからルールになる』(講談社)がある。

オンライン書店で見る