方言の地図帳

講談社学術文庫
ホウゲンノチズチョウ
  • 電子あり
方言の地図帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ゴミは、「なげる」? 「ほかす」? 「うっちゃる」?
「明後日の次の日」、あなたの町では「やのあさって」?「しあさって」?
全国2400箇所の調査記録をもとにした「お国言葉」の一大パノラマ。
さまざまな方言が列島に広がるさまを地図に表すと、そこから日本語の豊穣な世界が見えてくる!
辞典としても使えて方言の基礎知識も満載!

国立国語研究所が総力を傾けて製作した『日本方言地図』をもとに、言葉がいかに伝播し、姿を変え、生成していくのかを描き出す。懐かしい言葉の記録でもあり、日本の長い歴史の探究でもあり、あたらな言葉の動態を探る探究でもある、無二の地図帳。

「方言は日本人の心のふるさとであると同時に、日本語に新たな活力を与えるエネルギー源でもある。共通語は周囲の方言を吸収しつつ成長を続けてきた」(本書より)

【本書の内容】
第I部 自然
第II部 人間と生活
第III部 動植物
音韻編
方言の基礎知識

目次

  • 第I部 自然
  • 第II部 人間と生活
  • 第III部 動植物
  • 音韻編
  • 方言の基礎知識

製品情報

製品名 方言の地図帳
著者名 編:佐藤 亮一 著:真田 信治 著:篠崎 晃一 著:徳川 宗賢
発売日 2019年08月10日
価格 定価 : 本体1,490円(税別)
ISBN 978-4-06-516679-6
通巻番号 2577
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 2002年に小学館より刊行された「お国ことばを知る 方言の地図帳」(1991年同社刊「方言の読本」増補改訂版)を原本としている。但し、原本付録であった音声資料データは割愛した。

著者紹介

編:佐藤 亮一(サトウ リョウイチ)

佐藤亮一(さとう りょういち)
1937年、東京都に生まれる。東北大学大学院博士課程単位取得。国立国語研究所名誉所員。フェリス女学院大学名誉教授。専攻は方言学、社会言語学。『都道府県別 全国方言辞典』(三省堂)、『滅びゆく日本の方言』(新日本出版社)、『学び直しの日本語 間違っていませんか?その使い方』(出窓社)など、編著書多数。

オンライン書店で見る