百島王国物語 滅びの王と魔術歌使い

星海社FICTIONS
ヒャクトウオウコクモノガタリホロビノオウトマジュツカツカイ
著:佐藤 二葉 イラスト:よー清水
百島王国物語 滅びの王と魔術歌使い
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

禁術を使う一族の末裔と憂国の王女に、愛悪の嵐が吹き荒れる!
美しき多島海を舞台に、音楽と魔術で織り上げた本格ファンタジー。

「我々のみが、音を超えて音楽――――つまり魔術を感知し、操る力を持つ」
古来より善にして真なる王が魔術政を布いて治める国、百島王国。隣国との緊張が高まるなか、首都イスリルでは傷のない不思議な死体が相次いで見つかり、不吉な噂が広まっていた。
幼い頃の記憶がない青年エムリスは、魔術師になるための卒業試問を控えたある日、自身を呼ぶ「楽神の声」を聞き、王国を揺るがす事件に巻き込まれていく。

製品情報

製品名 百島王国物語 滅びの王と魔術歌使い
著者名 著:佐藤 二葉 イラスト:よー清水
発売日 2019年07月14日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-516693-2
判型 B6
ページ数 384ページ
シリーズ 星海社FICTIONS

著者紹介

著:佐藤 二葉(サトウ フタバ)

俳優、演出家、リュラー奏者。本作が小説家としてのデビュー作。著書に漫画『うたえ!エーリンナ』(星海社)がある。

イラスト:よー清水(ヨーシミズ)

コンセプトアーティスト、イラストレーター。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス