神主と村の民俗誌

講談社学術文庫
カンヌシトムラノミンゾクシ
  • 電子あり
神主と村の民俗誌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

氏神から産土神、株神を祀る。集落や同族、一家で神々を招くたびに役割を果たす神主の仕事とは? 祈祷・祭りと村の暮らしを描く。

製品情報

製品名 神主と村の民俗誌
著者名 著:神崎 宣武
発売日 2019年07月12日
価格 定価 : 本体1,070円(税別)
ISBN 978-4-06-516645-1
通巻番号 2571
判型 A6
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は、1991年に小社より『いなか神主奮戦記――「むら」と「祭り」のフォークロア』として刊行されました。

著者紹介

著:神崎 宣武(カンザキ ノリタケ)

1944年、岡山県生まれ。武蔵野美術大学卒業。
チベットなどで民俗に関する調査研究を進める一方、郷里の神社で神職を務める。旅の文化研究所所長。民俗学者。
著書に『酒の日本文化』『観光民俗学への旅』『遊郭成駒屋』『社をもたない神々』など多数。

オンライン書店で見る