箴言集

講談社学術文庫
シンゲンシュウ
  • 電子あり
箴言集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

われわれの美徳とは、偽装された悪徳にほかならない――

17世紀フランスの激動を生き抜いた公爵にしてモラリストが、人間の本性を見事に言い表した「箴言」。
鋭敏な洞察と強靱な思考、そして豊かなユーモアによって紡ぎ出された一行が、神からの自立を果たした近代人の抱える「自己愛」という宿命を撃ち抜き、さらには現代のわたしたちの心に深く刺さる。原文が醸す空気までをも伝える新訳。

【訳者まえがきより】
彼の人間を見る目、そして自分自身を見る目は鋭く、個人的体験のいかんにかかわらず、神からの自立をとげ、人間中心主義を標榜する近代人の本質、本性を早くから見抜いていたと思われる。彼は、自分自身、そして自分の個人的運命さえも客観視できるだけの強靱な精神、心の余裕、ユーモアさえ備えており、だからこそ、彼の人間観察は現代にも通用する普遍性を獲得しているのである。


【主な内容】
書肆から読者へ
道徳的考察
削除された箴言
没後収録の箴言
さまざまな考察
ラ・ロシュフコー自画像

目次

  • 書肆から読者へ
  • 道徳的考察
  • 削除された箴言
  • 没後収録の箴言
  • さまざまな考察
  • ラ・ロシュフコー自画像

製品情報

製品名 箴言集
著者名 著:ラ・ロシュフコー 訳:武藤 剛史 解説:鹿島 茂
発売日 2019年07月12日
価格 定価 : 本体1,080円(税別)
ISBN 978-4-06-516593-5
通巻番号 2561
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:ラ・ロシュフコー(ラロシュフコー)

ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世(Francois VI, duc de La Rochefoucauld)
1613-1680。紀元一千年頃までさかのぼる名門のフランス貴族であったが、政争に敗れ隠居生活に入り、パリのサロンでジャンセニストたちと交流。その活動のなかで「箴言」を書きあらわし、モラリスト文学者として名を残す。

訳:武藤 剛史(ムトウ タケシ)

1948年生。京都大学大学院博士課程中退。共立女子大学名誉教授。専攻はフランス文学。著書に『プルースト 瞬間と永遠』(洋泉社)、訳書に『異端カタリ派の歴史』(講談社選書メチエ)など多数。

解説:鹿島 茂(カシマ シゲル)

1949生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、明治大学教授。19世紀フランスの社会・小説が専門。代表作に『馬車が買いたい!』(サントリー学芸賞、白水社)、『子供より古書が大事と思いたい』(講談社エッセイ賞、青土社)など多数。

オンライン書店で見る