スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官

文芸(単行本)
スワロウテイルノショウシツテンホウイコンチュウガクソウサカン
  • 電子あり
スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・杉並区で男性の腐乱死体が見つかり、法医昆虫学者の赤堀と岩楯刑事が司法解剖に立ち会うことになった。岩楯の相棒となる深水巡査部長、高井戸署署長、鑑識課長らも同席するなかで、大柄で肥満した遺体にメスが入れられていった。と、そのとき、立会人たちが発疹や出血、痒みに襲われ、感染症の疑いでパニックが起きる。岩楯らは隔離されるが、赤堀には心当たりがあった。赤堀は騒ぎの原因を解説し、殺人と推定された被害者の死亡推定月日に迫ろうとする!

製品情報

製品名 スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官
著者名 著:川瀬 七緒
発売日 2019年07月24日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-516543-0
判型 四六変型
ページ数 314ページ

著者紹介

著:川瀬 七緒(カワセ ナナオ)

1970年、福島県生まれ。文化服装学院服装科・デザイン専攻科卒。服飾デザイン会社に就職し、子供服のデザイナーに。デザインのかたわら2007年から小説の創作活動に入り、2011年、『よろずのことに気をつけよ』で第57回江戸川乱歩賞を受賞して作家デビュー。日本では珍しい法医昆虫学を題材にした「法医昆虫学捜査官シリーズ」は本書のほかに『147ヘルツの警鐘』(文庫化にあたり『法医昆虫学捜査官』に改題)『シンクロニシティ』『水底の棘』『メビウスの守護者』『潮騒のアニマ』『紅のアンデッド』6作があり、堂々の人気シリーズになっている。その他の著書に『桃ノ木坂互助会』『女學生奇譚』『フォークロアの鍵』『テーラー伊三郎』がある。

オンライン書店で見る