魔偶の如き齎すもの

文芸(単行本)
マグウノゴトキモタラスモノ
  • 電子あり
魔偶の如き齎すもの
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

奇妙な文様が刻まれている魔偶――土偶の骨董――は、所有する者に福と禍をもたらすという……。
大学を卒業して三年目の春を迎えた刀城言耶は、その話を聞いて旧家の屋敷を訪れた。
そこには魔偶に興味を持った者たちがすでに集っていた。
表題作の他、『妖服の如き切るもの』『巫死の如き甦るもの』『獣家の如き吸うもの』を収録した中短篇集。

製品情報

製品名 魔偶の如き齎すもの
著者名 著:三津田 信三
発売日 2019年07月11日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-516495-2
判型 四六
ページ数 304ページ
初出 「妖服の如き切るもの」…「メフィスト2018 VOL.2」、「巫死の如き甦るもの」…「メフィスト2019 VOL.1」、「獣家の如き吸うもの」…「メフィスト2018 VOL.3」、「魔偶の如き齎すもの」…書き下ろし。

著者紹介

著:三津田 信三(ミツダ シンゾウ)

ホラーミステリ作家。2001年『ホラー作家の棲む家』でデビュー(文庫版は『忌館』と改題)。2010年『水魑の如き沈むもの』で第10回「本格ミステリ大賞」を受賞。2016年『のぞきめ』が映画化される。主な作品に刀城言耶シリーズ、家シリーズ、死相学探偵シリーズ、幽霊屋敷シリーズ、物理波矢多シリーズなどがある。近著は『怪談のテープ起こし』(集英社文庫)、『黒面の狐』(文春文庫)、『白魔の塔』(文藝春秋)など。

オンライン書店で見る