ヴェールドマン仮説

文芸(単行本)
ヴェールドマンカセツ
  • 電子あり
ヴェールドマン仮説
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

おじいちゃんが推理作家で、おばあちゃんが法医学者、
父さんが検事で母さんが弁護士、お兄ちゃんが刑事で
お姉ちゃんがニュースキャスター、弟が探偵役者で妹はVR探偵。
名探偵一家のサポートに徹するぼくだけれど、
ある日強烈な「首吊り死体」を発見し、連続殺人事件を追うことに。
被疑者は怪人・ヴェールドマン。
布(ヴェール)に異様な執着を示す犯罪スタイルからそう呼ばれている――。

製品情報

製品名 ヴェールドマン仮説
著者名 著:西尾 維新
発売日 2019年07月31日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-516494-5
判型 四六
ページ数 274ページ

著者紹介

著:西尾 維新(ニシオ イシン)

作家。1981年生まれ。『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で第23回メフィスト賞を受賞し、デビュー。同書に始まる「戯言(ざれごと)シリーズ」、テレビアニメ化され大ヒット作となった『化物語』に始まる「物語シリーズ」、初のテレビドラマ化作品となった『掟上今日子の備忘録』に始まる「忘却探偵シリーズ」など著書多数。漫画原作者としても活躍し、代表作に『めだかボックス』『症年症女』がある。本書『ヴェールドマン仮説』が著作100冊目となる。

オンライン書店で見る