金庫番の娘

文芸(単行本)
キンコバンノムスメ
  • 電子あり
金庫番の娘
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本の政治は終わってる! だったら私が変えてやる!

国のため、社会のため、企業のため、
個人が人知れず犠牲を強いられるのは絶対におかしい。
私物化された権力の横暴を前に、新米政治家秘書が見出した道とは――?


ベテラン衆議院議員・久富隆一の秘書を父に持つ藤木花織は、十年近く働いた一流商社を辞め、久富事務所に転職。慣れない業務に慌ただしい毎日を送る中、突然久富から呼び出され、父と一緒に財務秘書――<金庫番>になるよう打診される。
実は政治が好きでもなければ、興味もなかった花織は、誰にも明かせぬ理由を胸に、この世界に飛び込んでいたのだが……。

製品情報

製品名 金庫番の娘
著者名 著:伊兼 源太郎
発売日 2019年07月31日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-516488-4
判型 四六変型
ページ数 362ページ

著者紹介

著:伊兼 源太郎(イガネ ゲンタロウ)

伊兼源太郎(いがね・げんたろう)
1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務などを経て、2013年に『見えざる網』で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。他の著書に、『事故調』『外道たちの餞別』『密告はうたう』『地検のS』『巨悪』がある。

オンライン書店で見る