子どもにウケる科学手品 ベスト版 どこでも簡単にできる77の感動体験

ブルーバックス
コドモニウケルカガクテジナベストバンドコデモカンタンニデキル77ノカンドウタイケン
  • 電子あり
子どもにウケる科学手品 ベスト版 どこでも簡単にできる77の感動体験
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「簡単にできてインパクトが凄い!」を合言葉に、シリーズ累計85万部、中国では100万部突破! 大ベストセラーシリーズから選び抜いた傑作選。

準備不要、コツいらず、誰でもできます。
それでいて、見る側は息をのむ衝撃度!

ヤカンが宙に浮き、つまようじが水面を走り出す。
ビンの中身がいきなり凍り、水道の蛇口にだんごができる──。

身近にあるものだけを使い、誰がやってもできる傑作科学手品を精選し、描き下ろしイラストとともに一挙紹介。「タネあかし」用にわかりやすい解説もついています。

「えっ、どうして、どうして?」と子どもの目が輝く瞬間をどうぞ!


ーーー【著者より】---

本書は、日々の親子のふれあいの中で、子どもに科学の不思議さ、楽しさ、面白さを知ってもらうための材料を、あなたにこっそり提供するものです。
 
紹介する77の科学手品には、タネや仕掛けがいっさいありません。それなのに、信じられないような不思議な現象が、子どもの目の前で展開されます。
まさに、「目にも見えず、手でもさわれない力」の存在を子どもが実感することでしょう。

その昔、学校で「理科」をよく勉強したおとななら、それらが大気圧であり、重力であり、静電気であることを見抜けるでしょう。
しかし、子どもは、まだ、そのほとんどの存在を知りません。知っていたとしても、それらの力がこんな形で身の回りのものに影響をおよぼしているとは、思ってもみないでしょう。
 
子どもは目を輝かせて、手品に見入るはずです。そして、なんでそんなことが起こるのか、懸命に考えようとするでしょう。
そうしたら、すぐに答えを教えずに、ぜひ、子どもと一緒に考えてあげてください──。

目次

  • 【本書の内容】
  • 第1章 台所で科学手品
  • 第2章 お金で科学手品
  • 第3章 体を使って科学手品
  • 第4章 ごはんの前に科学手品
  • 第5章 ごはんの後に科学手品
  • 第6章 太陽の下で科学手品
  • 第7章 お風呂で科学手品
  • 第8章 リビングで科学手品
  • 第9章 おやすみ前の科学手品
  • コラム 天才科学者の子ども時代・青年時代
  • 別表 取り上げた科学手品のテーマ一覧
  • 解説 竹内淳(早稲田大学教授)

製品情報

製品名 子どもにウケる科学手品 ベスト版 どこでも簡単にできる77の感動体験
著者名 著:後藤 道夫
発売日 2019年12月18日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-516386-3
通巻番号 2120
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ ブルーバックス
初出 本書は講談社ブルーバックスより刊行された『子どもにウケる科学手品77』(1998年初版)と『もっと子どもにウケる科学手品77』(1999年初版)を底本として、新たに編集したものです。

著者紹介

著:後藤 道夫(ゴトウ ミチオ)

1927年、長野県飯田市に生まれる。東京理科大学理学部物理学科卒業。工学院大学附属高校および同大学・明治大学の講師などを経て、科学技術振興事業団のサイエンス・レンジャーとして、各地の「親子科学教室」を指導する。テレビ放送の開始とともに「NHK科学実験グループ」指導員となり、「みんなの科学」「理科教室」「クイズ面白ゼミナール」などの番組で実験を担当。1992年にスタートした「青少年のための科学の祭典」では、第4回までの全国大会実行委員長を務めた。「ガリレオ工房」名誉会員。2017年逝去。

オンライン書店で見る