舌戦 百万石の留守居役(十三)

講談社文庫
ゼッセンヒャクマンゴクノルスイヤク13
  • 電子あり
舌戦 百万石の留守居役(十三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

加賀藩邸は無頼の襲撃を甘んじて受けたのか。不祥事を咎める評定所に臨んだ百万石の筆頭宿老・本多政長。神君家康の懐刀と言われた本多正信の血筋の登場に、評定所の面々は圧倒され、本多の仇敵、老中大久保忠朝は目を剥いた。黒のものを白にする。留守居役顔負けの舌戦の火ぶたが切られた! そして数馬も義父・政長を援護するため、江戸城を駆け巡る。そして陪臣の身でありながら、政長の将軍綱吉との謁見の日が訪れる。加賀藩と本多の命運のかかった緊迫の謁見の行方は? 大人気シリーズ、第十三巻!

©Hideto Ueda

製品情報

製品名 舌戦 百万石の留守居役(十三)
著者名 著:上田 秀人
発売日 2019年06月13日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-516324-5
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫

著者紹介

著:上田 秀人(ウエダ ヒデト)

1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。'97年小説CLUB新人賞佳作。歴史知識に裏打ちされた骨太の作風で注目を集める。講談社文庫の「奥右筆秘帳」シリーズは、「この時代小説がすごい!」(宝島社刊)で、2009年版、2014年版と二度にわたり文庫シリーズ第一位に輝き、第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞も受賞。抜群の人気を集める。「百万石の留守居役」は初めて外様の藩を舞台にしたシリーズ。文庫時代小説の各シリーズのほか歴史小説にも取り組み、『孤闘 立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞を受賞。近刊に『竜は動かず 奥羽越列藩同盟顛末(上下)』など。

オンライン書店で見る