嫌な奴

講談社文庫
イヤナヤツ
  • 電子あり
嫌な奴
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学生時代に杉本の「親友」だった、粗暴で自己中的な男、三浦。病に臥せる三浦を、杉本は十二年ぶりに病院に見舞う。そこから再び始まった二人の奇妙な関係は、不本意な同居生活まで発展する。これはいったい、友情か、愛情か、執着 か……。傑作BL『箱の中』の作者が、執拗かつ理不尽な同性同士の愛を描く。

カバーイラスト:丹地陽子

©Narise Konohara 2020

製品情報

製品名 嫌な奴
著者名 著:木原 音瀬
発売日 2020年02月14日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-516279-8
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は1998年4月にビブロスより刊行された、ノベルス版『嫌な奴』を大幅に加筆修正したものです。

著者紹介

著:木原 音瀬(コノハラ ナリセ)

(このはら・なりせ)
高知県生まれ。1995年「眠る兎」でデビュー。不器用でもどかしい恋愛感情を生々しくかつ鮮やかに描き、ボーイズラブ小説界で不動の人気を持つ。『箱の中』と続編『檻の外』は刊行時、「ダ・ヴィンチ」誌上にてボーイズラブ界の芥川賞作品と評され、話題となった。ほかの著書に『美しいこと』『秘密』『罪の名前』『さようなら、と君は手を振った』『月に笑う』『ラブセメタリー』など多数。

オンライン書店で見る