月と珊瑚

ルナトサンゴ
  • 電子あり
月と珊瑚
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【対象:小学上級以上】「わたしは、六ねんせいになったので、べんきょうをがんばります。」ひらがなだらけの作文をばかにされたのをきっかけに日記をつけることにした沖縄の少女・珊瑚は、『ベルサイユのばら』の世界から抜け出したような月(るな)という転校生と仲良くなりたくてたまらない。珊瑚の日記を通じて、沖縄の子どもたちが感じていることのすべてが浮かび上がる。沖縄に移住した作者が贈る、新たな児童文学の可能性。


【対象:小学上級以上】
「わたしは、六ねんせいになったので、べんきょうをがんばります。」
ひらがなだらけの作文を、クラスメートに「あなた、ほんとに六年生?」ってばかにされた。私は、「勉強をしよう」って、本当にそう思った。まず、どうすればいい。そうだ、漢字を書けるようにしよう。日記だ。日記を書こう。これはちかいだ――。

勉強ができないことを恥ずかしいと感じ始めた少女・珊瑚のクラスに転校してきたのは、まるで『ベルサイユのばら』のオスカルのような、男の子か女の子かわからない月(るな)という子でした。
珊瑚の日記に描かれるのは、エイサーを舞う姿がかっこよかったり、ひいおばあちゃんが辺野古に座りこみに行ったり、耳をつんざくような戦闘機の轟音で機体の種類を当ててしまったり、その逆に轟音が聞こえると耳をふさいで動けなくなってしまったりする同級生たちの姿です。
珊瑚の「月と仲良くなりたいな」と思う日常を描いた、たどたどしい日記からは、沖縄の子どもたちが、いま、目にし、感じていることのすべてが浮かび上がってきます。
子どもの貧困、学力の差、沖縄文化の継承、そして米軍基地問題……。沖縄に移住した作者があたためてきたテーマが、いま花開きます。新たな児童文学の可能性がここにあります。

目次

  • 序章 わたしのちかい
  • 第一章 はじめての日記
  • 第二章 ただ今、勉強中!
  • 第三章 鳥はだ体験
  • 第四章 ネコパンチされた日
  • 第五章 もう一人のオスカル
  • 第六章 ママに会いたい日
  • 第七章 ルリバーが話してくれたこと
  • 第八章 てぃんさぐぬ花
  • 第九章 沖縄の六月
  • 第十章 おもいがけない出会い
  • 第十一章 私のひいおばあちゃん
  • 第十二章 月の告白
  • 第十三章 月と珊瑚

製品情報

製品名 月と珊瑚
著者名 著:上條 さなえ
発売日 2019年07月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-516222-4
判型 四六
ページ数 178ページ
シリーズ 文学の扉

著者紹介

著:上條 さなえ(カミジョウ サナエ)

1950年、東京都に生まれる。小学校教員を経て、1987年、毎日新聞社主催の《小さな童話》大賞で選者賞を受賞した『さんまマーチ』(国土社)で児童文学作家としてデビュー。両親が別居した際に父に引き取られ、小学校にも通わせてもらえずホームレス同然の暮らしを送った体験を『10歳の放浪記』(講談社)としてまとめ、ベストセラーになる。他の著書に、『キャラメルの木』(講談社)、『ぼくのおじいちゃん、ぼくの沖縄』(汐文社)、『わすれたって、いいんだよ』(光村教育図書)、『童話を書きたい人のための本』(角川学芸ブックス)など多数。作家生活の傍ら、埼玉県の児童館館長を11年間務めたほか、2002~2006年、埼玉県教育委員会の教育委員、同委員長を務めた。現在、沖縄県在住。

オンライン書店で見る