旧友再会

文芸(単行本)
キュウユウサイカイ
旧友再会
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あの人にいま会えたら、何を伝えますか?

子育て、離婚、定年、介護、家族、友達。
人生には、どしゃぶりもあれば晴れ間もある。
重松清が届ける5つのサプリメント。

年を重ねると増えていく「再会」の機会。
再会は、別れがあるから存在します。
どう別れたかで、再会の仕方も変わってくる。
会いたい人、会いたくない人、忘れていた人。
《結婚もして、子どもをつくり、そして、いま、家族をなくした。》
あなたならどんな再会を望み、何を伝えますか。

泣きたいときに、泣けないあなたへ。

製品情報

製品名 旧友再会
著者名 著:重松 清
発売日 2019年06月26日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-516167-8
判型 四六変型
ページ数 322ページ
初出 「あの年の秋」…『ノスタルジー1972』(講談社)所収、「旧友再会」…「小説現代」2016年6月号、「ホームにて」…『そういうものだろ、仕事っていうのは』(日本経済新聞出版社)所収「ホームにて、蕎麦。」改題、「どしゃぶり」…「小説現代」2018年5・6・8~10月号、「ある帰郷」…「群像」2018年7月号所収「鷹乃学習」改題。単行本化に際し、各編加筆修正がされています。

著者紹介

著:重松 清(シゲマツ キヨシ)

重松清(しげまつ・きよし)
1963年岡山県生まれ。早稲田大学教育学部措置業。出版社勤務を経て、執筆活動に入る。91年『ビフォア・ラン』でデビュー。99年『ナイフ』で坪田譲治文学賞、『エイジ』で山本周五郎賞、2001年『ビタミンF』で直木賞、10年『十字架』で吉川英治文学賞、14年『ゼツメツ少年』で毎日出版文化賞をそれぞれ受賞。小説作品に『流星ワゴン』『定年ゴジラ』『きよしこ』『疾走』『カシオペアの丘で』『とんび』『さすらい猫ノアの伝説』『かあちゃん』『あすなろ三三七拍子』『空より高く』『希望ヶ丘の人びと』『赤ヘル1975』『ファミレス』『一人っ子同盟』『たんぽぽ団地』『どんまい』『木曜日の子ども』他多数。ライターとしても活躍し続けており、ノンフィクション作品に『世紀末の隣人』『星をつくった男 阿久悠と、その時代』、ドキュメントノベル作品に『希望の地図 3.11から始まる物語』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス