亥子ころころ

文芸(単行本)
イノココロコロ
  • 電子あり
亥子ころころ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

味見してみちゃ、くれねえかい? 読んで美味しい“人情”という銘菓。

“思い”のこもった諸国の菓子が、強張った心を解きほぐす――。
親子三代で営む菓子舗を舞台に、人の温もりを紡いだ傑作時代小説!


武家出身の職人・治兵衛を主に、出戻り娘のお永、孫娘のお君と三人で営む「南星屋」。
全国各地の銘菓を作り、味は絶品、値は手ごろと大繁盛だったが、治兵衛が手を痛め、粉を捏ねるのもままならぬ事態に。不安と苛立ちが募る中、店の前に雲平という男が行き倒れていた。聞けば京より来たらしいが、何か問題を抱えているようで――。



吉川英治文学新人賞受賞作
『まるまるの毬』
待望の続編!

製品情報

製品名 亥子ころころ
著者名 著:西條 奈加
発売日 2019年06月26日
価格 定価 : 本体1,450円(税別)
ISBN 978-4-06-516120-3
判型 四六変型
ページ数 258ページ
初出 すべて「小説現代」|「夏ひすい」…2016年1月号、「吹き寄せる雲」…2016年8月号、「つやぶくさ」…2017年5月号、「みめより」…2017年9月号、「関の戸」…2018年1月号、「竹の春」…2018年5月号、「亥子ころころ」…2018年8月号。

著者紹介

著:西條 奈加(サイジョウ ナカ)

1964年北海道生まれ。2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。12年に『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞を受賞、15年には『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞を受賞した。他著に「善人長屋」シリーズ、『九十九藤』『無暁の鈴』『睦月童』などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る