元号通覧

講談社学術文庫
ゲンゴウツウラン
  • 電子あり
元号通覧
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

令和元年5月1日刊行。

 「明治」は10回も元号候補になっていた――。文豪森鴎外(1862-1922年)が、最晩年に宮内省図書頭森林太郎として執筆した本書をひもとけば、「大化」にはじまり「大正」までの240を超える元号が列挙され、その典拠から不採用になった候補に至るまで、日本の元号が一望できる。繰り返し挙がる人気候補は何か、どんな理由で改元されるのかなど、知的好奇心を存分に満たしてくれる一冊!(解説:猪瀬直樹)

 「明治」は10回も元号候補になっていた――。「大化」にはじまり「大正」に至るまでおよそ1300年、240を超える元号をすべて網羅しています。『書経』や『文選』などの出典や改元の理由はもとより、候補に挙がった元号も出典とともに示した本書は、まさに日本の元号が一望できる、元号の辞典といえるものです。
 世にも稀なこの一冊を執筆した人物こそ、文豪森鴎外(1862-1922年)でした。森鴎外、本名森林太郎は、陸軍軍医の最高位にあたる陸軍軍医総監、陸軍省医務局長を辞したのち、1917年に帝室博物館総長兼宮内省図書頭として再び官職につきました。歴代天皇の諡号(おくりな)の出典を考証した『帝謚考』(1921年)を刊行したあと、文字通り最後の命を燃やしながら取り組んだ仕事が本書(原題『元号考』、文庫化にあたって改題)です。実に病没する数日前まで手を入れ続けたものの未完に終わりますが、晩年に歴史小説さらに史伝に転じた鴎外の考証学的執念もうかがえます。
 本書をひもとけば「明治」同様、「大正」も採用までに3回、候補になっていることがわかります。また15世紀に初めて候補になった「明治」に対し、江戸時代の元号「天明」や「天保」は古代から繰り返し提案されていることもうかがえます。人気の元号候補はなにか、それはどの典籍からの引用なのか。あるいは時代によって典拠の流行りすたりがあるのか。即位以外に大災害や飢饉、疫病などでも改元されますが、いつどんな理由で改元されたのか……。『天皇の影法師』(1983年)で本書に光を当てた猪瀬直樹氏による解説とあわせて、元号をめぐる知的好奇心を存分に満たしてくれる一冊です!

目次

  • はじめに
  • 大化―朱鳥(645-686年)
  • 大宝―延暦(701-806年)
  • 大同―昌泰(806-901年)
  • 延喜―長保(901-1004年)
  • 寛弘―康和(1004-1104年)
  • 長治―正治(1104-1201年)
  • 建仁―正安(1201-1302年)
  • 乾元―応永(1302-1428年)
  • 正長―明応(1428-1501年)
  • 文亀―慶長(1501-1615年)
  • 元和―元禄(1615-1704年)
  • 宝永―寛政(1704-1801年)
  • 享和―大正(1801-1926年)
  • 後記
  • 解説(猪瀬直樹)

製品情報

製品名 元号通覧
著者名 著:森 鴎外
発売日 2019年05月02日
価格 定価 : 本体1,230円(税別)
ISBN 978-4-06-515740-4
通巻番号 2554
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1953年に岩波書店より刊行された、『鷗外全集』第一三巻に収録された『元号考』を改題して文庫化したものです。

著者紹介

著:森 鴎外(モリ オウガイ)

1862-1922年。小説家、評論家、翻訳家。本名は森林太郎。陸軍軍医として最高位を極める一方で、旺盛な文筆活動を展開し、晩年は歴史小説、さらに史伝に転じた。1917年から没するまで帝室博物館総長兼宮内省図書頭を務め、歴代天皇の諡号(おくりな)の出典を考証した『帝謚考』(1921年)を刊行。主な著作に『舞姫』(1890年)、『高瀬舟』(1916年)など。

お知らせ・ニュース

お知らせ
学術文庫が大きな文字になった! 「大文字版オンデマンド」サービス開始
長年にわたりご愛読いただいている講談社学術文庫ですが、「もっと大きな文字にして欲しい」という要望が多く寄せられています。
そこでこのたび、読者にみなさまの声にお応えして「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」サービスを開始いたします。

最新のプリントオンデマンド技術により、内容・品質を保ちながら、
文庫の版面を四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本します。
ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の書目のうち約600書目を当初ラインナップとして用意いたします。
(サービス開始日現在で400点強を販売。近日中に約600点となる予定です)
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!
特集・レビュー
【講談社学術文庫40周年】1976~2002年の名著20点を「特別復刊!」
講談社学術文庫は、2016年で40周年を迎えました。40周年の節目を記念して、読者から復刊のリクエストが多かった書目を中心に、20点の名著を復刊しました。いずれも読者の方々に長く愛読されたものばかりですが、現在入手しづらくなっている良著です。

オンライン書店で見る