住職という生き方

星海社新書
ジュウショクトイウイキカタ
著:蝉丸P
住職という生き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

地方在住のリア住が伝える、現代における「伝統仏教」の価値
東京目線で「葬式は不要だから直葬に」とか、「住職も経営者目線を持つべきだ」などと盛んに言われる昨今でございますけれども、関東の一般家庭より出家得度いたしまして30年、そして四国の今のお寺で17年も住職をやっておりますと、理屈的にも現実的にもそういった論には「おかしいな」と思うところが沢山ございます。そこでこの本にて、「住職が普段なにをしているのか」から説き起こし、「こういう時代だからこそ伝統仏教はまだまだ価値がある」というお話をしてまいりたいと思います。2500年の信頼と実績ある伝統仏教は、「お金は穢れたものだ」「水晶玉を買え」なんて申しません。それでは最後まで、ごゆるりとお付き合いください。

製品情報

製品名 住職という生き方
著者名 著:蝉丸P
発売日 2019年04月27日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-515708-4
通巻番号 152
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:蝉丸P(セミマルピー)

リア住(リアル住職)
1973年、神奈川県生まれ。生家は精密機械工場を営む一般家庭ながら、高校一年生の終わり頃に発心。縁あって高野山高校に編入する形で仏門に入り、出家得度して高野山真言宗の僧侶となる。役僧として全国を放浪するなどしたのち、2000年に高野山に一旦戻り、翌年、現在住職をつとめる四国の寺院に赴任する。2002年に晋山式をとり行って正住職となってより、現在まで17年余住職をつとめており、地域密着型伝統仏教の担い手たるリア住であり続けている。また、2008年よりニコニコ動画に動画投稿を始め、その深い学識と落差あるネタで幅広い「ネット檀家」を獲得するに至った。著書に『蝉丸Pのつれづれ仏教講座』がある。独身。Twitterアカウントは@semimaruP

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス