日本語と西欧語 主語の由来を探る

講談社学術文庫
ニホンゴトセイオウゴシュゴノユライヲサグル
  • 電子あり
日本語と西欧語 主語の由来を探る
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」(川端康成)は英語で「The train came out of the long tunnel into the snow countory」(サイデンステッカー)。世界を表現する際の「視点」 の違い。英語は「神の視点」を得ることによって主語の誕生を準備したが、「虫の視点」を持つ日本語にはそれは必要なかった。英語の歴史を踏まえ両言語と文化の違いを考察。

©Takehiro Kanaya

目次

  • 序 章 上昇気流に乗った英語
  • 第一章 「神の視点」と「虫の視点」
  • 第二章 アメリカよ、どこへ行く
  • 第三章 英語を遡る
  • 第四章 日本語文法から世界を見る
  • 第五章 最近の主語必要論

製品情報

製品名 日本語と西欧語 主語の由来を探る
著者名 著:金谷 武洋
発売日 2019年05月11日
価格 定価 : 本体1,110円(税別)
ISBN 978-4-06-516069-5
通巻番号 2565
判型 A6
ページ数 280ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書の原本は2004年に講談社選書メチエ『英語にも主語はなかった』として刊行されました。

著者紹介

著:金谷 武洋(カナヤ タケヒロ)

1951年北海道生まれ。東京大学教養学部卒業。ラヴァル大学で修士号(言語学)、モントリオール大学で博士号(言語学)取得。専門は類型論、日本語教育。
カナダ放送協会国際局勤務、モントリオール大学東アジア研究所日本語科科長を歴任。
著書に『日本語に主語はいらない』『日本語文法の謎を解く』『日本語が世界を平和にするこれだけの理由』などがある

オンライン書店で見る