好きになる栄養学 第3版

スキニナルエイヨウガクダイ3パン
好きになる栄養学 第3版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「日本人の食事摂取基準(2020年版)」と「国民健康・栄養調査(平成30年)」結果に対応し、フルカラー化した待望の改訂版。田畑さん一家を主人公に、身近な題材を取り上げながら、栄養学をやさしく学べる一冊。生化学の知識がなくても、栄養素の基礎からライフステージ別食生活まで、まるごとわかる。

≪目次≫
◆Part1 日常の食卓
第1章 毎日、何を食べていますか?
第2章 私たちの食生活

◆Part2 食品のおもな成分とそのはたらき
第3章 三大栄養素
第4章 無機質(ミネラル)
第5章 ビタミン
第6章 その他の食品中成分の話 食物繊維・水・機能性成分
第7章 栄養素の相互関係

◆Part3 ヒトの一生と食生活
第8章 母になることと食生活
第9章 乳児期の生理と食生活
第10章 幼児期の生理と食生活
第11章 学童期の生理と食生活
第12章 思春期の生理と食生活
第13章 成人期の生理と食生活
第14章 スポーツと栄養
第15章 更年期の生理と食生活
第16章 高齢期の生理と食生活

◆Part4 健康づくりのための国の指針

製品情報

製品名 好きになる栄養学 第3版
著者名 著:麻見 直美 著:塚原 典子
発売日 2020年02月20日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-518280-2
判型 A5
ページ数 256ページ
シリーズ KS好きになるシリーズ

著者紹介

著:麻見 直美(オミ ナオミ)

おみ なおみ
1991年日本女子大学家政学部食物学科卒業。管理栄養士。1993年同大学大学院家政学研究科食物・栄養学専攻修了、1995年同大学大学院人間生活学研究科人間発達学専攻修了。博士(学術)。現在、筑波大学体育系 准教授。主な著書に『運動生理・栄養学(Nブックス)』(共著、建帛社)、『応用栄養学』(共著、南山堂)などがある。
好きなこと:自然のなかでブラブラ歩く、体を動かす。ピアノ。美味しいものを食べる。目下、学生パワーに負けないように教育・研究ENJOY中。加えて我が子のパワーにも負けないよう子育てENJOY中。

著:塚原 典子(ツカハラ ノリコ)

つかはら のりこ
1978年日本女子大学家政学部食物学科卒業。日本女子大学家政学部食物学科助手を経て、現在 帝京平成大学健康メディカル学部健康栄養学科 教授。博士(学術)。主な著書に、『マスター応用栄養学』(共著、建帛社)、『骨粗鬆症のすべて』(共著、南江堂)などがある。大学での教育・研究のかたわら、現在、「東京骨を守る会」企画委員として、骨からの健康づくりのための啓発活動に取り組んでいる。また日本学術会議連携会員として子どもの健康や生活科学分野においても活動中。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス