藤澤清造追影

講談社文庫
フジサワセイゾウツイエイ
  • 電子あり
藤澤清造追影
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

藤澤清造生誕130年--二人の私小説作家、交感する魂の記録

父親の犯罪から一家離散し、十五歳から独り東京を流浪。その途次で出会った藤澤清造。芝公園で狂凍死したこの大正期の私小説作家に傾倒し、“歿後弟子”となった西村賢太が綴る“師”の孤影と残像。交感する魂の響き。さらに下町、江戸川の畔に生まれ育った著者が、東京という自らの<故郷>について語る、「小説現代」誌の名物連載エッセイ「東京者がたり」を合わせ、二人の私小説作家、二つの人生を横断的に描き出す名随筆集。

製品情報

製品名 藤澤清造追影
著者名 著:西村 賢太
発売日 2019年05月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-515510-3
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 藤澤清造追影|「藤澤清造――自滅覚悟の一踊り」…「北國文華」第7号(北國新聞社)2001年3月、「藤澤清造 略年譜」「『藤澤清造全集』編輯にあたって」…『藤澤清造全集』内容見本 2000年12月、「清造忌 雪に埋もれず 藤澤清造歿後七十年に」…「北陸中日新聞」朝刊(中日新聞社北陸本社)2002年3月3日、「戯作者を目指した“文士道”」…「藤澤清造歿後七十年記念展」解説パネル(石川近代文学館)2002年4月、「藤澤清造と故郷」…「石川近代文学館ニュース」第19号(石川近代文学館)2002年9月、「どうで死ぬ身の一踊り」…「季刊文科」第23号(北溟社)2002年10月号、「藤澤清造」…『石川県人名事典 現代編八』(石川出版社)2002年12月、「「清造忌」を営んで」…「北陸中日新聞」朝刊 2003年4月6日、「清造忌」…「文學界」(文藝春秋)2005年3月号、「藤澤清造と田山花袋――その接点の一端」…「花袋研究学会会誌」第23号 2005年3月、「「女地獄」を憶う」…「新潮」(新潮社)2005年11月号、「藤澤清造の名刺」…「群像」(講談社)2006年1月号、「清造戯曲の初上演」…「季刊文科」第35号(島影社)2006年7月号、「十年一日」…「北國文華」第31号 2007年3月、「私のこだわり 「墓」」…「本の旅人」(KADOKAWA)2008年6月号、「骨がらみ」…「群像」2009年8月号。 『東京者がたり』は2015年10月に小社より刊行された同単行本を再編集し、収録しました。

著者紹介

著:西村 賢太(ニシムラ ケンタ)

西村 賢太(にしむら けんた)
1967年7月、東京都江戸川区生まれ。中卒。文庫版『根津権現裏』『藤澤清造短篇集』『田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら他』を編集、校訂、解題。著書に『どうで死ぬ身の一踊り』『暗渠の宿』『二度はゆけぬ町の地図』『小銭をかぞえる』『廃疾かかえて』『随筆集 一私小説書きの弁』『人もいない春』『苦役列車』『寒灯・腐泥の果実』『西村賢太対話集』『小説にすがりつきたい夜もある』『一私小説書きの日乗』(既刊6冊)『棺に跨がる』『形影相弔・歪んだ忌日』『やまいだれの歌』『下手に居丈高』『無銭横町』『風来鬼語 西村賢太対談集3』『蠕動で渉れ、汚泥の川を』『夢魔去りぬ』『芝公園六角堂跡』『夜更けの川に落葉は流れて』『羅針盤は壊れても』などがある。

オンライン書店で見る