平将門と天慶の乱

講談社現代新書
タイラノマサカドトテンギョウノラン
  • 電子あり
平将門と天慶の乱
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

■帝位「新皇」に就いて朝廷に刃向かった、唯一無二の「兵」■

鎌倉幕府を築いた源頼朝、南北朝時代を終わらせた足利義満、
三職推任を打診された織田信長、天下一統を成し遂げた豊臣秀吉……。

いずれも時代が認める改革者であったにもかかわらず、
古い王朝を改めて最上の地位を望まなかったのなぜなのか。

その背景には、武威によって坂東を従わせ、新皇を名乗りえて
京都の朝廷を争った末に、非業の最期を遂げた平将門の存在があったーー。

未だ謎の多い将門の実像に迫る。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

皇居の大手門のすぐ前側に位置する東京・大手町ーー
メガバンクや商社など名だたる巨大企業が本社を構える日本最大のオフィス街――に、
ぽつんと静かな霊場があるのをご存知だろうか?

10世紀に坂東(今の関東)を鎮定し、「新皇」に即位して、朝廷と争った平将門の首塚である。

都会の喧騒を払うように、清浄な気配を漂わせているが、
この地には見た目からちょっと想像できないような怨霊譚がいくつも伝え残されている。

はたしてそれらの伝説は本当なのか?

東京・大手町に存在する「日本史ミステリー」の真相解明にも挑む!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■本書のおもな内容■

序章 怨霊伝説を検証する 中世の将門怨霊譚/近現代の怨霊譚 ほか
第1章 蔭子・将門の少年期 蔭子なのに叙任されなかった将門 ほか
第2章 遺領が招いた争族 出世街道を外れた理由/「田畠」に隠れていた軍事施設 ほか
第3章 平良兼・良正の襲撃と源護の策謀 敵将を見逃す将門の甘さ ほか
第4章 追捕使・将門の勇躍と逆襲 旧私君・藤原忠平の厚意を得た将門/富士山の噴火 ほか
第5章 坂東独立の風雲 「天慶の乱」について/改元時期の京都と坂東の不安 ほか
第6章 将門、新皇に即位す 坂東の民意から生まれた新皇/弟と側近の諫言 ほか
第7章 誰が新皇を殺したのか 京都へ逃げ出す国司たち/京都滅亡の危機 ほか
第8章 敗者の声と勝者の宴 英雄なき勝利のあと/永続する朝廷と将門への鎮魂 ほか
終章 神田明神と将門塚の興起 なぜ神田明神と将門塚が都内にあるのか ほか
付録 平将門関連年表

目次

  • 序章  怨霊伝説を検証する
  • 第1章 蔭子・将門の少年期
  • 第2章 遺領が招いた争族
  • 第3章 平良兼・良正の襲撃と源護の策謀
  • 第4章 追捕使・将門の勇躍と逆襲
  • 第5章 坂東独立の風雲
  • 第6章 将門、新皇に即位す
  • 第7章 誰が新皇を殺したのか
  • 第8章 敗者の声と勝者の宴
  • 終章  神田明神と将門塚の興起

製品情報

製品名 平将門と天慶の乱
著者名 著:乃至 政彦
発売日 2019年04月10日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-515505-9
通巻番号 2520
判型 新書
ページ数 338ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:乃至 政彦(ナイシ マサヒコ)

ないし・まさひこ 1974年生まれ。歴史家。神奈川県在住。単著に『戦国の陣形』(講談社現代新書)、『戦国武将と男色』(洋泉社歴史新書y)、『上杉謙信の夢と野望』『戦う大名行列』(いずれもベストセラーズ)、共著に『天下分け目の関ヶ原の合戦はなかった』(河出書房新社)、『関東戦国史と御館の乱』(洋泉社歴史新書y)がある。書籍監修や講演でも活動中

オンライン書店で見る