哀しみの女

カナシミノオンナ
  • 電子のみ
哀しみの女
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

エゴン・シーレの作品「哀しみの女」という作品が、わたしの心を捉えて離さない。わたしは、五つ年下のイラストレーター、章司と同棲している。ずっと昔、板倉さんという雑誌記者に銀座のクラブを紹介してもらい、上京して出会ったのが章司だった。章司は板倉さんの伝手で挿画を描かせてもらい、他社からも声が掛かるようになった。が、章司の心がわたしから離れていく。シーレのモデルで愛人だったヴァリーの人生と重なるように。


エゴン・シーレの作品「哀しみの女」という作品が、わたしの心を捉えて離さない。わたしは、五つ年下のイラストレーター、章司と同棲している。ずっと昔、板倉さんという雑誌記者に銀座のクラブを紹介してもらい、上京して出会ったのが章司だった。章司は板倉さんの伝手で挿画を描かせてもらい、他社からも声が掛かるようになった。だが、章司の心がわたしから離れていく。シーレのモデルで愛人だったヴァリーの人生と重なるように。

©Hiroyuki Itsuki

製品情報

製品名 哀しみの女
著者名 著:五木 寛之

オンライン書店で見る