空色カンバス 瑞空寺凸凹縁起

講談社文庫
クウシキカンバスズイクウジデコボコエンギ
  • 電子あり
空色カンバス 瑞空寺凸凹縁起
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三十間近な日比野隆道和尚が高校三年生の妹・ゆかりと暮らす寺に、泣きぼくろが印象的な美女が行き倒れ!? 着の身着のまま「夫から逃げてきた」という千尋と日比野兄妹の暫定的三人暮らしが始まる。進路問題に悩むゆかり、真意の見えない千尋、思い出せない記憶を辿る隆道。「縁」の力は三人を救えるのか? 

あたしにとって、お寺は家だ。
お釈迦さんの説いた教えは今一つピンとこなくても、お父さんや、歳の離れた兄ちゃんが頑張って守り、顔なじみのお檀家さんが優しい顔でお参りに来てくれるお寺は、あたしには一番大事な場所だ。
──そんな、あたしの大好きなお寺に、あたしの「大っ嫌い」な、あの女はやってきたのだ。(本文より)

製品情報

製品名 空色カンバス 瑞空寺凸凹縁起
著者名 著:靖子 靖史
発売日 2019年08月09日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-515413-7
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年4月に小社より単行本『空色カンバス』として刊行されました。

著者紹介

著:靖子 靖史(ヤスコ ヤスフミ)

1987年鳥取県生まれ。早稲田大学、駒澤大学大学院卒業。宗立専門僧堂、岡山県洞松寺にて安居。曹洞宗研鑽僧として渡欧し、オランダの禅川寺、フランスの観照寺、龍門寺を行脚。2012年『そよかぜキャットナップ』で第10回講談社BOX新人賞Talents賞でデビュー。他の著書に『ハイライトブルーと少女』がある。清新で軽快な文体とミステリ的手法を駆使して綴る青春奇譚で注目を集める新鋭作家のひとり。

オンライン書店で見る